慣れるまでの期間は平均5ヵ月!転職後の不安を解決しよう

誰もが新しい環境に挑戦する際、何かしらの不安を抱えているものです。

「上手く馴染めなかったらどうしよう」

「人間関係関係を上手く作れるだろうか」

そういった悩みは転職する誰もが抱えているでしょう。

しかし、あなたは今まで中学校から高校への進学、高校から大学への進学、そして大学から新卒で入社という様々なライフイベントを乗り切ってきたわけです。

これまでと同様、必ず転職後の会社でもあなたの力を発揮出来る環境を作ることができます!

今回の記事では様々な観点から、転職後の不安を解決する方法をご紹介させて頂きます。

是非この記事を読んで、転職先の企業でもあなたらしく活躍していきましょう!

転職先にすぐ馴染める人と、そうでない人の違いとは

人それぞれ色々な性格の人がいたり、色々な考え方があります。

転職先にすぐ馴染める人と、そうではない人がいることは当たり前のことです。

転職先ですぐ馴染める人というのは、「積極的に自分から話しかける人」です。

転職した先の企業で既に働いている人にとっても、あなたという存在は未知の存在です。

少しでもあなたという人間を知ってもらう必要がありますよね。

積極的に自分から話しかける人は、話かけることでコミュニケーションを取るキッカケができます。

やはり人間同士ですから、会話を重ねないと心の距離は縮まりませんし、お互いがどういう人間かを知ることもできません。

積極的に自分から積極的に話しかける人は、必然的にコミュニケーションを取る機会が増えますので、転職先にすぐ馴染むことが出来ると言えます。

逆にそうではない人というのは真逆で「自分から積極的に声をかけることが出来ない人・解からないことを最初から自分で解決しようとする人」です。

自分から話しかける人とそうではない人では、先ほども述べましたがコミュニケーションを取る機会に大きな違いがあります。

また、入社したばかりの時は誰でも解からないことだらけなのは当たり前です。

社会人として2社目の企業なのだから、出来る限り自分だけの力で物事を解決しないと恥ずかしい、という気持ちがあるかもしれません。

しかし、最初は解からないことがあって当然であり仕方がないのです。

むしろ解からないことを積極的に誰かに質問する方が、コミュニケーションを取る機会が増え転職先に馴染みやすくなるのです。

新しい仕事に慣れるまでかかる期間は平均5ヵ月!その間の仕事の進め方

新しい仕事に慣れるまでかかる期間は、業種によって異なりますし、職場によって求められるパフォーマンスに違いがあるため一概に平均でどれくらい・・・ということは明言出来ません。

しかし、大体3~6か月もあれば職場の雰囲気に誰でも馴染むことは出来ると考えられます。

私自身の経験と他の転職経験者の話によると、平均5ヵ月くらいで職場の雰囲気に慣れ、仕事を理解できることが多いです。

職場の雰囲気や仕事に慣れるまでの仕事の進め方は「基本的にスピードより丁寧さ・正確さを重視して進めること」です。

仕事のスピードは作業を反復していくことで、個人差はありますが誰でも仕事のスピードは上がっていきます。

むしろ最初はスピードよりも、ミスをしないことを求められるので、丁寧かつ正確に仕事を進めていくことが望まれます。

仕事を覚えるのが遅い人の原因と解決策

仕事を覚えるのが遅い人の原因は、覚えることやするべき仕事に優先順位をつけることの出来ない人です。

人間が一度に覚えることが出来ることには限りがあり、誰であっても教わった全てを一度で完璧にこなせる人などいません。

「あれも今しなきゃ、これも今しなきゃ」と、仕事をする順番をつけることが出来ないことが、仕事の覚えるのが遅くなる原因だと言えます。

その点を解決するためには、会社で求められる業務の優先順位をしっかりと把握し、計画的に仕事をクリアしていくことが最も重要と言えるでしょう。

その過程で、解からないことで長い時間悩んでいると、当然のことながら仕事の時間をどんどんロスしていきます。

ある程度自分で調べても解決しないようであれば、上司や先輩に相談する癖をつけるべきです。

場合によっては怒られることもあるかもしれませんが、それを恐れていては仕事を覚えることスピードは遅くなってしまいます。

そのため、怒られたり注意されることは最初は仕方ないと割り切り、仕事を覚えていきましょう。

職場になかなか慣れない人の問題と解決策

入社して数ヶ月経ったけれど、未だに職場に慣れない溶け込めない人には共通点があります。

同職種からの転職でプライドが高い人

経験があるものの、会社によってそれぞれ仕様は異なります。

知識がある分、前の会社と同じ事をやってしまいがちです。

またプライドが高い方は、自分のやり方は間違っていない!と意固地になってしまいます。

それでは、転職先特有な仕事や手順に慣れる事が出来ません。

常に謙虚で柔軟な対応ができる人ほど、職場に慣れるのが早いです。

人見知りの人

上司や先輩に業務を教えてもらうとき、人とコミュニケーションを取る事が苦手な人も職場に慣れるのに時間がかかります。

わからない事を質問できず仕事を進めてしまい、仕事も人間関係も全てがうまくいかなくなるという悪循環が生まれます。

職場に3ヵ月程度で慣れるための3つの行動とは

1.積極的にコミュニケーションを取る

仕事中の質問は勿論、休憩中の雑談や仕事終わりの飲み会に積極的に参加する事です。

コミュニケーションを取る事で、仕事の質問や伝達もしやすくなりますし、ちょっとした雑談から仕事の本質が見え、業務が円滑に進みます。

2.自分から積極的に行動する

わからない事があれば積極的に質問、または調べるなど行動しましょう。

積極的に行動している姿を見て貰えれば評価も上がり、信頼を得ることができます。

人間関係も良くなると、仕事や会社に慣れるのが早くなります。

3.息抜きをしっかりとする

転職してすぐの頃は新しい環境で緊張している事もあり、仕事以外の時間でも仕事や会社について考えてしまう人も多いでしょう。

頭の中が会社や仕事の事でいっぱいになってしまうと、余裕がなくなりストレスもたまります。

転職先に慣れる為にはオンとオフをはっきりさせ、仕事を忘れ息抜きを行う事が重要です。

職場で好感が持てる印象を良くする態度や行動とは

新人にとって最も大事なことは「素直さ」です。

入社して間もなく、知識も無いのに口答えや反抗をしてしまうと、とても好感は持たれません。

初めの頃はミスが多いのも当たり前です。

小さなミスでも誤魔化さず、素直に受け止めることが大切です。

また、愛想の良さも非常に大事です。

積極的に笑顔で挨拶をしたり、他の仕事を頼まれた時も忘れずに笑顔で対応しましょう。

そして重要なのは、「一生懸命」であることです。

転職後の勤務に不安がある人へのアドバイス

転職後の勤務にどうしても不安がある人は、転職活動の段階でしっかりと会社を見極めることが大事です。

仕事が自分に合うのか、採用後の教育や職場の雰囲気など、事前にわかっていると入社後の不安が軽くなるでしょう。

しかし、転職活動中に自分自身で会社の情報収集をするのは限界があります。

そういった転職活動をサポートしてくれる、転職エージェントなどを利用することをおすすめします。

誰であっても転職後にすぐに仕事が完璧にこなせる人などいません。

仮に最初は怒られたり注意されることもありますが、それもきっと仕事が一人前にできるようになったときには、上司や先輩と「入社した時はこうだったな」と笑い話が出来るようになるでしょう。

ですから、まずは失敗を恐れず「心は熱く、頭は冷静に」仕事に取り組んでいきましょう。

そうして毎日仕事に取り組んでいれば、きっとあなたは転職先の企業に打ち解け、その会社にとってかけがえのない人材になっているはずです。

新しい環境を恐れることなく、毎日一歩一歩前進していきましょう!

転職エージェントを利用して転職活動をするのは、今は一般的になってきました。 しかし転職エージェントはたくさんあるので、どういった特徴やメリ...

関連記事

【注意】残業がきついと人生で失うものが倍増する!

転職するべきか現職に留まるべきか、迷いを解決する4つのポイント

仕事が暇な職場で8時間耐えるのは想像以上に苦痛でしんどい事実

残業40時間でも給料が少ない!キツイ仕事を退職する基準とは?

社員を使い捨てにする会社で働いている20代が転職すべき3つの理由

手取り15万はやっていけない!給料安い仕事から収入2倍にしたこと