営業の転職の面接対策は3つアピールポイントが採用のカギ

20代であれば今の売り手市場の時代には、比較的転職しやすいと考えられています。

しかし、しっかりした武器を持っている、またはきちんとした準備をしなければ転職はうまくいきません。

では、転職を考える際にどのようなことを意識すればよいのでしょうか。

そこで、営業職の転職を成功させるための3つのポイントをご紹介します。

業界に詳しい、または人脈がある

営業職に転職するためには以下2つの点が重要となります。

・転職しようとする業界に人脈があるか

・ある程度の知識があるか

仮に技術者でお菓子の開発をしていたとしましょう。

こうした技術者がいきなり、全く畑違いのIT業界にそれも営業で転職することが可能でしょうか。

このような場合において、いかに売り手市場の状況にあるとしても最低限の業界の知識をしっかり持っておくことが重要になります。

もし、全く違った業界に「営業」として転職しようとするなら、かなりの高い業界知識を持ち合わせていることが必要になるでしょう。

そして、営業に必要なのは人脈です。

過去に営業としての実績がなく、別の職業に就いていても、実績やあなたの人柄を転職先にしっかり伝えると良いでしょう。

人脈があればそれなりの大きな武器であり、チャンスにもなります。

実際に様々な仕事を進めていく中でいろいろな出会いがあるはずです。

一期一会と言うように、こうした転職を行う際には転職エージェントだけではなく、リアルなコミュニケーションを取っていることが重要になってくるのです。

この業界知識、人脈を持っていることほど大きな武器はないといえるのではないでしょうか。

対人折衝能力、コミュニケーション能力がある

営業にスキルチェンジして転職をするには、何と言っても営業職として必要になってくる対人折衝能力、そしてコミュニケーション能力が必要になります。

これは残念ながら、大学を卒業したばかりのキャリア数年の社会人経験ではまだまだスキル不足と言えます。

だからこそ、他の職業から営業になりたい場合は早い段階であれば、同年代で営業として頑張っているライバルとも追いつける可能性を秘めているわけです。

他の仕事でそれなりの経験を積んでいれば、このような能力が身についている可能性はあるわけです。

特にコミュニケーション能力や対人折衝能力はどんな職業であっても必要なものであり、社会人としてしっかり働いていれば磨かれていくものです。

そして、営業職はタフさも求められます。

色々なお客様と接する機会も多く、その都度必要に応じた対応が必要です。

またノルマがある場合には、常に達成することを意識しなければなりません。

そのため精神的な強さが必要となります。

今の時代どんな職能であっても、コミュニケーション能力に欠如するという人材が多いことが仕事を進めていく上では大きな障害になってきます。

営業未経験であっても、こうした能力を兼ね備えている人は数多く存在しています。

そして、こうした能力は実際に企業の人事採用担当者が面談してみれば、しっかり判断してくれるものです。

ですから自分自身が営業に転職したいということであれば、自分自身に対人折衝能力があるのか、コミュニケーション能力があるのかをしっかり自己分析をして見極めましょう。

営業職に転職したいと考えるのであれば、まず自分に対して客観的にかつ冷静に判断してくれる人物を数人探してみましょう。

営業に向いているのかどうか、対人折衝能力やコミュニケーション能力が同世代に対して劣っていないかどうかを判断してもらうことも良い判断材料の一つになります。

グローバル感覚を持っている

営業に求められる要素として、これからは間違いなくグローバルな感覚です。

どのような企業であってもこれからは国内だけで展開できる業界は数少なく、世界にその活躍の場所やサービスや商品を展開していかなければ立ち行かなくなってきます。

その中で営業として頑張っていこうとするのであれば、グローバスセンスが必要になってきます。

具体的なスキルとしては英語の実践的な活用能力、異国文化、人材とも交流できるグローバル感覚ということになるでしょうか。

こう考えてみるとこのグローバル感覚という意味では、他の職業からでも世界を舞台にして頑張っている人材であれば非常に強い武器になります。

楽観的に考えられるかもしれませんが、実際に企業の面接官と会話するに当たってもこのセンスを持ち合わせているだけで営業としてのキャリアがなくとも間違いなく大きな武器になるわけです。

自信を持って、自分自身のこれまでのキャリアを語ることができれば、非常に有利であることは間違いありません。

職業を問わず、グローバル人材と呼べるのは本当に一握りです。

こうした感覚を持っている人材であれば、企業としても間違いなく必要としてくれることでしょう。

関連記事

営業もテレワーク化!どこまでが本当?客先訪問不要説

【間違いだらけ】CADオペレーターに将来性はあるの?

SEの転職がうまくいく!面接でアピールしたい3つのこと

製薬会社のMRに転職するために必要な3つの特徴を解説

通勤したくない!テレワーク狙いで事務の転職は可能なの?

事務職の転職希望者は多い!採用を勝ち取るための3つのこと