将来性がない会社は3ヶ月以内に転職しよう!

将来性がない会社というのは今の時代だと、パワハラや長時間労働などのブラック企業が思い浮かびます。

業績悪化が深刻で、社員に負担を押し付けてくる会社もあります。

会社は自己保身のための最終手段として、人員削減すなわちリストラを強行してくるものです。

突然のリストラにあったら、私たちはどうしようもありませんよね。

このように、ブラック企業や業績悪化の会社で働くということは、毎日不安な日々を送ることになります。

今あなたが働いている会社の将来性に不安を感じているなら、会社の状況をいち早く察知しなければなりません。

会社に見切りをつけ、転職する判断と準備を整えることが必要です。


将来性がない会社で働くことは、あなたの人生に将来がないのと同じです。
将来の不安を毎日感じて過ごすのは嫌ですよね。

【無料】公式サイト → リクルートエージェント

「この業界や会社に将来性があるのか?」
「このままこの会社で働き続けて大丈夫なのか?」

このように不安に感じながら働いている人は、実は多いのでです。

多くの会社が存在する中で、将来性がない会社にはいくつかの特徴があります。

今まで何度か転職をした中で、将来性に疑問を感じる会社の特徴を3つご紹介します。

赤字はその場しのぎで改善の傾向が見られない

将来性がない会社に特徴の1つは、経営数値が悪く何とか良く見せようとする傾向が非常に強いと言う点です。

リストラや人件費を中心とするコストカットで何とか赤字になるのを防いでいたり、赤字が3期以上続き改善の兆しが見えないなどの特徴があります。

会社は外的要因などで一時的に経営が悪化する事も少なくありません。

こうした局面でも、これからの時代に対応して生き延びる力がある会社は、以下の特徴を持つ会社です。

  • 事業構造の転換やマーケティング戦略の抜本的な転換ができる
  • 業績を回復させる柔軟性がある

しかし抜本的な対策を講じる事が出来ず、コストカットのみでその場をしのいだり施策を講じる事ができず赤字が続いている様では、残念ですが将来性が無いと言わざるを得ません。

会社の理念や方向性を経営者が従業員と共有できていない

将来性のない会社の2つ目の特徴は、経営者にビジョンがないケースです。

会社の理念や方向性を経営者が従業員と共有するために、夢を含めてしっかり語れない会社は将来性がない可能性が非常に高いと言えます。

短期的な経営状況が悪ければ悪いほど、経営者はそれを乗り越える事業構造の転換方針等のビジョンを持ち、それを年次の事業計画に落とし込んで従業員と共に推進する事が重要なのです。

ビジョンを語れなければ、施策はないと考えざるを得ず、これでは経営の良化や会社の将来はないと言えるでしょう。

従業員の仕事に対するモチベーションが低い

将来性のない会社の3つ目の特徴は、労働環境や従業員のモチベーションが悪い会社です。

  • 職場の5Sがなっていない
  • 社員同士の会話が少ない
  • 社員が経営者や会社に対する不平不満ばかり言っている
  • 仕事の成果が人事評価に適切に反映されていない

これは、経営状況が3期以上悪い状態が続いていたり、経営者が将来のビジョンを語れないことと相互に影響しあっています。

若い人ほどこうした状況には敏感に反応するため、こんな会社では若者の離職率が結果として非常に高いのが一般的です。

しかし社長が雇われている大企業の場合には、経営者が交代する事で新たな経営者がビジョンをしっかりと持ち、従業員に語り続け従業員のモチベーションを高める具体的施策も投入できれば、大きな改善も期待できます。

会社の体制に変化が見込める可能性がなければ、将来性がない会社に見切りをつけ転職を考える必要があります。

薄給、残業増、休日減…なら転職は早い方がいい

以下の状況なら転職を考えるべきです。

  • 勤務体系や職場環境が悪い
  • 給与は少なく今後昇給が見込めない
  • 退職金も少額あるいは皆無に近い
  • 残業は連日数時間続き、休日も週1日がやっと取れるような状況

転職は若ければ若いほど有利です。

40代になってからの中途採用は、よっぽどのスキルや実績がないと厳しいです。

転職とは、再び社会人1年生になることを意味します。

以前の会社で磨いたスキルは確かに持ち合わせていますが、一番重要になるのは人間関係です。

柔軟な考え方ができ、会社の方針や職場人間関係に順応するには、やはり30代までかもしれません。

人間は経験動物だけに、自我が強ければ強いほど年齢とともに固定観念に支配されていきます。

自信が付いた分だけ、頑固になっていきがちだということです。

このように、転職するならできるだけ若いうちに行動した方がいいのです。

今の会社に将来性が全く感じないのならば、これ以上働くのは時間の無駄です。

次に向けて転職活動をしましょう!

転職のタイミングや時期はいつがベストなのか

求人はある程度時期が決まっています。

4月や9月の入社時期が平均して多いです。

しかし転職の縁はいつ訪れるかわからないので、タイミングを逃さないようにアンテナを張り続けることが大事です。

すぐにでも転職をしたい場合は、転職エージェントの利用をお勧めします。

無料でカウンセリングが受けられるので、一度足を運んでみましょう。

まずはご自身で転職エージェントを利用して、状況をしっかりと把握することをお勧めします。

中途採用では、経歴はもちろんですが面接も重要になります。

中途採用となると、企業側が求めてくるものは何か。

これがポイントになります。

転職を成功させるには戦略が必要なのです。

現在働きながら転職活動をするのは、時間もないし対策を練るのも大変です。

そこで転職エージェントを利用することで、求人の紹介から履歴書や面接対策まで、転職するためのさまざまなサポートが受けられます。

将来性がない会社にズルズルいると消耗するだけです。

時間を無駄にしないためにも、早めに転職活動を始めましょう。

【無料】公式サイト → リクルートエージェント

・業界最大手の転職エージェント。
・登録してから3ヶ月以内での転職の実績が多いです。
・企業の将来性などの情報を知ることも可能です。

関連記事

手取り15万はやっていけない!給料安い仕事から収入2倍にしたこと

先が見える仕事に限界、このまま続けても成長できない職場を切り捨てた結果

仕事が暇な職場で8時間耐えるのは想像以上に苦痛でしんどい事実

60歳定年まで働かず転職した方がいい会社の3つの特徴と理由とは

【注意】残業がきついと人生で失うものが倍増する!

転職するべきか現職に留まるべきか、迷いを解決する4つのポイント