33歳が転活を決断する時期やタイミングはいつがベストか?

いわゆる「終身雇用制度」が崩れ、また、人生における価値観(仕事・お金を重視するか、プライベートを重視するか等)も多様化する中、正社員であっても転職することが一般的になってきました。

国も、これまでの硬直的な雇用形態を、より適材適所の流動的なものに促すことを方針としていると考えられます。

もっとも、転職というものが人生における一大事であることが現代でも変わりません。

正社員の方ならばなおさらそうですよね。

ここでは33歳の人を想定し、転職を決断するタイミング、注意点、成功のポイント等についてご紹介いたします。

33歳が転活を決断する時期やタイミングはいつがベストか

結論的には、現職の在籍年数に関係なく、思い立ったらすぐ転活を開始されることをおすすめします。

転職をしたいと考えることの理由は人により様々ですよね。

「もっと収入を上げたい」「人間関係の良好な職場にいきたい」「親の介護、子育て環境への配慮」等々あると思います。

その理由・目的を達成したいと思ったならば、待っている必要はなく、迷うことなくすぐに行動に移すべきです。

33歳ならば、転職後の会社でのキャリアも相当長く確保することができることも重要なポイントです。

33歳の転活の注意点と成功のポイント

(1)成功のポイント1(意識すべき事項)

まず、月並みな事項ではありますが、「自分がなぜ転職したいのか」を、きちんと自己分析することが大切です。

先ほど申し上げましたとおり、転職したいと考える理由は人により様々と思いますし、理由は一つではなく、複数であることが多いでしょう。

「なぜ転職したいのか」の自己分析というのは、「今の仕事を辞める必要があるのか?」「本当に転職する必要があるのか?」というネガティブなものには限りません。

友人知人に転職の相談をすると、「考えなおしたほうがいい!」というような反応をされることが多いですよね。

しかし人生は自分のもの、どんな理由であっても、転職理由はすべてが正解と思います。

一昔前の「定年まで一つの会社に勤めあげる」ことが常に正しいとは限りません。

ここで大切なのは、転職理由を自己分析し、自分の転職理由・目的をはっきりさせ、それを叶えることができる転職をすることです。

「収入を上げたいと思って転職したのに、減収してしまった」「人間関係が余計に悪い職場だった」「親の介護をしたいと思ったのに、前職より労働時間が長かった」…そんな結果になってしまっては転職した意味がありません。

お金を重視するのか、人間関係を重視するのか、時間を重視するのか、自分の転職に求めるポイントをはっきりさせ、転活を行うことが大切です。

(2)成功のポイント2(どのように転職活動をするか)

では具体的にどのように転活をしたらよいのでしょうか。

先ほど自己分析と申し上げましたが、まずは市販の転職マニュアル本などでよいのですので、自分の転職目的に合致し、読みやすいと思う本を購入してみるとよいでしょう。

たいていの転職マニュアル本には、自己分析シートといったツールがついているはずです。

なお、転職マニュアル本は執筆者によって思想や論調、コンセプトが180度異なるものですので、すべて鵜呑みにしないよう注意しましょう。

「こういう考えもある」くらいに捉え、できれば複数の本に目を通すとよいでしょう。

また、オンラインの転職情報サービスサイトも活用するとよいでしょう。こちらも、様々な転職ツールが整備されています。

次に、自己分析と同様に、もしくはそれ以上に重要なものが「他己分析」です。

どうしても日々の仕事が忙しい中、自分の考えや、自分の置かれている状況に対して客観的になることは難しく、盲目的になってしまうものです。

先ほど、転職をネガティブに捉える必要は無いと申し上げたことと矛盾するようではありますが、もしかすると、あなたの転職目的に合致する要素は、現職にもあるかもしれません。

あなたの現職には、自分で気づいていない将来性が改善余地があるかもしれません。

それに気づかず転職してしまったら、後悔することになるかもしれません。

(3)注意点

自己分析、他己分析にあたっては、あなたのことを良く知っている両親、配偶者等に、意見を聞いてみるのもよいでしょう。

ただし、先ほども触れましたが、あなたのことをよく知る身近な方であればあるほど、あなたのことを大切に思うばかり、転職という大きな挑戦をすることに対してネガティブになる可能性が高いです。

そのため、仮に家族や親友からネガティブな意見を言われても、それに対して感情的に反論したり、怒りを露わにすることは避けるべきです。

あなたのことを想うがゆえの意見であることを意識するべきです。

その上で、そうした転職に対するネガティブな意見が、必ずしも正しいものではないことも必ず意識しておくべきです。

当然ですが、社会には、あなたのご家族や親友の知らない世界があります。

また、転職市場は日々変化しており、昔の経験が現代に合致するとも限りません。

いただいた意見の中に含まれている大切なエッセンスを汲み取りつつ、自分の考えもきちんと持ち、周囲の意見に流されないことも重要です。

この点では、自己分析、他己分析にあたり、心情的な利害関係の薄い転職支援会社(いわゆる転職エージェント)を利用することも有効でしょう。

まとめ

繰り返しにはなってしまいますが、転職理由は人によって様々です。

結局は、周囲がどう言おうと、あなたが納得のできる転職をすることが大切です。

自分の人生は自分で決めるもの、その意識を忘れずに、活動できる資源をふんだんに活用し、納得のいく転職をしましょう。

関連記事

転職するなら狙い目の人手不足な3つの職業とメリット・デメリット

転職で年収アップするための3つの方法と成功のコツとは

つぶしがきく職業は選択肢が多い!最強のスキルである3つの理由

ブラック企業の見分け方とは?転職する前に知っておきたいこと

何がどう違うの?転職支援サービスのおすすめと評判を徹底比較!

職業訓練生必見!建築CADオペレーターの再就職3つのコツ