会社に留まるべき?転職するか迷ったら考えたい3つのこと

転職というのは、人生の選択と同じくらい大事な事です。

転職したらいいのか、それともしない方がいいのか、迷っている人の少しでも力になれるように決断方法を教えていきます。

転職を決断する前に自分の状況を把握しよう

まず最初に確実に転職した方がいいという場合ですが、一番初めに重要視しなくてはいけないのが、今の仕事が自分の好きな仕事であるかどうかです。

就業時間が長くてサービス残業が多かったとしても、自分の好きな仕事だと何とか頑張れるかもしれません。

ただ給料がいいからという理由だと、体より先に心が壊れてしまいます。

その次に大事なのはやはり給料面です。

せっかく自分が頑張ったのにも関わらず、給料が少なかったら一生懸命やっていて損をしたような気分になりますよね。

毎月の給料明細を見て期待していた額より低い給料だと、先月一生懸命頑張って来たのは何だったのだろうか・・・

というように、何か損した気分になってしまいます。

このように転職するべきかどうかは「やりがいのある仕事」「お金」が大切になってきます。

どっちかが欠けすぎたら、それは転職するべきだと考えれます。

「大丈夫、頑張れる、お金なんか自分が我慢すればいい!」

と考えている人は今一度本当にそれでいいか考え直してみましょう。

確かに仕事だから、多少は我慢するのが必要だと考えるのは間違いではありません。

しかし、その基準値があまりにもオーバーしている場合は一刻も早く転職した方が良いでしょう。

その理由の一つとして過ぎてしまった時間は戻らないからです。

20代、30代前半なら若いので取り返す事が出来ますが、40代近くになって転職した場合、その選択が間違いだったらもう転職のチャンスは訪れないかもしれません。

そのような意味でも、転職の判断は冷静に今の現状の先を見据えて考える必要があります。

転職した方が良い場合とは

率直に転職した方が良いという場合は、精神的にも肉体的にも苦しいと感じている人は転職を考えた方が良いです。

その理由の一つとしては、頑張ればいいと思って仕事していると心のどこかで

「本当に今の会社でいいの?」

というような不安を抱えながら、毎日を過ごさないといけないからです。

入った時の待遇が悪い方へ大幅に変わってきた場合は、転職時かもしれません。

例えば「給料の大幅カット」です。

少額でもカットされるだけで、私達の生活は大変な事になってしまいます。

入社した時は今の給料から次第に給料が上がっていく事を計算して、家の購入を考えたり子供達の進学などを考えます。

しかし、給料がカットされたりボーナスが出なかったりすると計算が狂ってしまい、入社した時の夢と希望に満ち溢れて仕事をしていた時とは違うギャップの差が生じてきてしまいます。

このようにギャップの差を感じ始めた人は転職を考えた方が良いでしょう。

10年先も今と同じ会社にいる自分の未来を考えてみて、自分が思い描いた姿が見えてこなかったり今よりも劣っていると思う場合は転職する事を考えてみましょう。

辛い未来しか見えなかったら、それは辛い将来しかないという事だからです。

少しでも頑張っている自分の姿が創造できるのであれば、今の現状に満足して未来が見えるはずです。

将来あなたが今の会社で頑張っている姿が想像できなければ、もうその時点で我慢して会社に留まるのはリスクでしか無いです。

自分のスキルアップやキャリア形成を考えているのなら尚更です。

留まるよりは早めに新たな出発をした方が良いでしょう。

今の会社に留まる方が良い場合とは

今の会社に留まる方が良い場合は、自分のすべてを出し切っていないのに「やりがいがない」「飽きた」という理由で辞めてしまう事です。

辞める前に「本当にやりがいがないのか?本当に飽きるほど仕事をして来たのか?」という事を自分の胸に手を当てて冷静に考えるのが必要です。

本当に100%出し切って、それでも「やりがいがない」「飽きた」という感情が出たのでしたら、それは転職を考えてもいいのですが、出し切っていないのに辞めてしまってはもったいないです。

もしかしたら100%出し切った先には、やりがいがあり毎日が充実するという未来が待っているかもしれません。

安易な考えでは転職はしない方がいいです。

同僚がどんどん辞めて行ったので自分も辞めようとするのは絶対してはいけません。

ただ単に同僚がこの仕事に合っていないだけです。

もしかしたら自分自身にとってはものすごく合っているかもしれません。

学生とは違ってもう社会人ですので、周りと同じではないと不安だという考え方は捨てて逆にライバルが減ったと考えた方がいいです。

転職は早い決断がカギ

転職は早い決断が必要です。

若い内でしたら採用してくれる会社も多いですし、今よりも待遇のいい条件で雇ってくれる所が多いからです。

それに企業側も入社3年以内の人材を採用している傾向がありますので早ければ早いほどいいです。

未来の見えない会社にずっと残るよりもあなたなりのスキルを身につけて、実力主義の会社に行く方が有意義に時間を過ごす事が出来ます。

過ぎてしまった時間は戻す事が出来ないという事を頭に入れて行動するのが重要です。

絶対転職したらいけない!という事はありませんが、転職というのは自分の人生の分岐点ですので、冷静に自分の状況を見つめなおす必要があります。

転職したからといって、今よりも明るい未来が待っているという訳ではありません。

もしかしたら今よりも辛くて、転職しない方が良かったと考える事になるかも知れません。

そうならない為にも、転職する時には細心の注意を振り絞って考えないといけません。

今の状況に縛られないで転職する事で人生に多からず少なからず変化が生まれてきます。

大切なのは転職するべきかどうかの判断と、転職する時期です。

転職エージェントを利用して転職活動をするのは、今は一般的になってきました。 しかし転職エージェントはたくさんあるので、どういった特徴やメリ...

関連記事

先が見える仕事に限界!成長できない職場を切り捨てた結果

慣れるまでの期間は平均5ヵ月!転職後の不安を解決しよう

転職するべき会社の3つの特徴とは?社員を使い捨てにするな!

【注意】知ってた?残業がキツイと人生で失うものが倍増する!

ブラック企業で働く20代は逃げるなら今がベストな理由とは

将来性がない会社は3ヶ月以内に切り捨てろ!その実態を公開