転職に踏み切れない!4つの迷う原因を調査

転職したい気持ちがあるのに、転職に踏み切れない人がいます。

転職のメリットも思い浮かぶのですが、それ以上に転職をするデメリットが浮かんでしまう人です。

また思い込みが強すぎて、転職が怖いと思いすぎている人も少なくありません。

そこで、転職したいけれどできない人が、「転職に踏み切るために知っておきたい考え方」を紹介します。

いつでも転職できると思っている

転職しようと思った時に、なかなか転職に踏み切れない理由の一つに「いつでも転職できる」という考え方があります。

例えばキャリアアップをするためには、現在の職場の仕事内容では物足りないケースがあります。

この場合はキャリアアップに必要な仕事を得られる場所を求めて、転職活動をするのが普通です。

しかし「いつでも転職できる」と思って、転職活動を始める事を先延ばしにする人がいます。

「いつでも」と思って転職を先延ばしている人は、「今」から目を背けるための口実にしている可能性があります。

本来は、いつでも転職できるなら、「今しても良い」事になるからです。

「いつでも」と言っている時に、転職する勇気がないための言い訳になっていないか、自分の心に聞いてみましょう。

ブラック企業が怖い

転職をためらう理由に「ブラック企業が怖い」というものがあります。

確かにブラック企業は社会問題になっていて、自分がブラック企業に勤める事になったら大変だと思う気持ちは分かります。

しかしブラック企業を恐れるあまり転職ができなくなってしまったら、本末転倒になります。

ブラック企業を転職先にしないように警戒しながら、理想の転職先を探す事は十分に可能だからです。

例えば「ネットの口コミ」を調べる方法があります。

ブラック企業と呼ばれるような労働環境の悪い企業は、必ず誰かがその内幕を暴露しています。

少し調べただけで、いくつもの企業を除外する事ができるでしょう。

また、企業面接時に、「労働条件」について質問をする方法があります。

面接時に残業時間や休日出勤について質問をして、納得いく答えがなくごまかすような企業はブラックの可能性があります。

このような企業から内定が出ても、辞退すれば済む話です。

ブラック企業の事を意識し過ぎず、転職先企業を詳細に知る努力をする事で、自然とブラック企業以外の条件の良い転職先を探す事ができるでしょう。

間違った思い込みがある

「転職すると、待遇が以前の会社よりも悪くなる」

「転職先では、今より良い人間関係に恵まれない」

など、間違った思い込みがある人は、なかなか転職に踏み切る事ができません。

転職を意識するようになると、「転職経験者のブログ」などをチェックするかもしれません。

転職経験者のブログには、

「転職先の人間がひどかった」

「まともな仕事がもらえなかった」

「労働条件が悪かった」

など、ネガティブな体験談がつづられているかもしれません。

そもそも転職経験者がブログを書こうと思う時は、読者が喜んでくれそうな「特殊な体験」をした場合です。

「転職をして、普通に満足している」このような記事を熱心に読む読者は少ないからです。

転職経験者のブログ記事は、本当かもしれませんが、少し偏りがあるという事を知っておけば、体験談をまともに受け取り、転職をためらわずに済むかもしれません。

間違った思い込みがある人は、なぜそう思うようになったか理由を考えてみましょう。

現在の人間関係に満足している

自分のキャリアを伸ばすためには、転職をして次のステップを踏んだ方が良いと分かっている人がいます。

また今の職場の仕事が物足りなくて、転職をして新しい業界や職種にチャレンジした方が、人生が楽しくなると知っている人もいます。

さらに現在勤めている企業には将来性がないため、早めに転職した方が良いと分かっている人もいます。

それでも転職に踏み切れない場合、「職場の人間関係に満足している」ケースが考えられます。

穏やかで、人当たりの良い「いい人」がたくさんいる職場で働ける、そんな幸せな環境で仕事をしている人は、なかなか転職に踏み切る事ができません。

転職先の職場で、今ほどの人間関係に恵まれる保証はないからです。

「毎日が楽しいからいいや」と転職を先延ばししてしまうかもしれません。

しかし今の職場の良い人間関係がいつまで続くか保証がないのも事実です。

誰かが会社を辞めた時に、職場の人間関係のバランスが崩れるかもしれません。

面倒な新入社員が入ってきて、職場が荒れてしまうかもしれません。

会社の経営が苦しくなり、リストラされてしまう可能性もあります。

長時間労働を強いられて、人間関係が悪くなる事も考えられます。

そのような状況になった時「あの時に、転職しておけばよかった」と思っても遅いです。

人間関係に恵まれている状況は「一時的な幸運」だと割り切って、転職を視野に入れましょう。

転職に踏み切れない時の転職活動方法とは

現在の職場や仕事に不満があり、転職したいと考えつつも、中々踏み切れずに躊躇する事も少なくありません。

そんな時に、転職に踏み切るための転職活動の準備や在り方や方法について3つの視点から考えてみたいと思います。

何となく不満があるものの、何が本当に不満なのかが整理されていないケース

何となく今の会社や仕事に不満がありながらも、何が不満なのかが漠然としていて、それが原因で転職に踏み切れない事が少なくありません。

何が不満の本質なのかが分からなければ、新たな会社や仕事を探す際の条件が明確ではなく、したがって転職活動に踏み切れないのは当然です。

こんな場合には、待遇面・仕事のやりがい・ワークライフバランス等、仕事に求めるべき項目を列挙し、その各条件の現在の満足度を5段階評価します。

その上で、求めるべき水準を各条件毎に紙などに記載してみましょう。

例えば、待遇面では許容条件が5段階中の3以上で、現状の評価が3なら、そこそこ満足できていると考えられます。

ワークライフバランスの許容度が4に対して現状3なら、忙しすぎる事に不満がある事が分かると言った具合に記載します。

こうする事で、やはり転職しなければ改善できない事が明確になります。

転職への決断が強化されると共に、転職先としての新たな会社や仕事を探す時の条件が明確になり、転職へ舵を切りやすくなるのです。

まずはこうした整理を行い、腹をくくる事が必要です。

条件に適う会社や仕事が見つかるかという不安

前項のように、転職に対する気持ちや条件を整理しても、次に踏み切れないのは、本当に条件に適う会社や仕事が見つかるかという不安です。

こうした不安対策として、離職する前に転職エージェントや転職サイト等に登録し、自分の求める条件の会社や仕事がどの程度紹介してもらえるのかをチェックして見るのも良いでしょう。

最初は紹介された会社の面接を受けなくても、状況を見ながらどの程度条件に適いそうな求人があるのかをチェックするだけでも良いのです。

これを見極め、これだけあるなら転職できると言う自分なりの自信が出来れば、面接行動に移れば良いでしょう。

現職を離職する事無く、面接で問われればとりあえず3か月程度で辞職できるとして、面接を受け内定を得る活動をすれば良いでしょう。

石橋を叩いて転職へと渡りましょう

前項の様なステップを踏む条件でも、躊躇する方も居られるでしょう。

もちろん、何とかなると離職して転職活動を始めるよりも、人生の決断としては石橋を叩いて渡る方が良いと言えます。

前項にプラスして、最悪の場合のために、雇用保険(失業保険)等もしっかりと調べる事も良いでしょう。

しかし、どこかで思い切って渡ろうと行動を起こさなければ、永久に渡ることはできません。

ここで記載した3つのステップで準備を進めた上で、最後には何とかなると言う楽観的な気持ちで決断し、踏み切る事が必要なのです。

転職したいのに、踏み切れない人には共通する考え方の特徴があります。

逆を言えば、考え方を少し変えるだけで転職への第一歩を踏み出す事ができるはずです。

人生をトータルで考えて、あなたがより納得できる方向が転職なら、思い切って転職活動を始めてみましょう。

転職エージェントを利用して転職活動をするのは、今は一般的になってきました。 しかし転職エージェントはたくさんあるので、どういった特徴やメリ...

関連記事

なぜ仕事が続かないのか?転職3回以上の人が考える原因と対策とは

涙は限界のサイン!仕事がツライと感じた時の対処法

20代が感じる転活中の焦りを解消する5つの方法

仕事が辞められない人もすぐ辞められる退職代行がすごい!

転職したい!勇気がない人が一歩踏み出すための対策

失敗しない!うつ病でも再就職できるタイミングを知っておこう