お金がない!転職前の引っ越し費用を抑える5つの方法と対策

転職前に引っ越しをしなければいけない状況になってしまうことがあります。

面接に用意する書類や、面接する企業までの交通費の費用捻出にプラスして、引っ越し費用がかかってしまいます。

引っ越ししなければいけない状況の場合、通常の転職よりも何倍もの費用がかかってしまいます。

そこで、転職前の引っ越し費用を抑える方法や対策について調べました。

引っ越し費用が安い月日や時期、時間帯を知ること

転職における引っ越し費用を安く済ませるには、費用が安くなりやすい月日や時期があることを知っておきましょう。

引っ越し費用が安くなる月は5月から2月とされており、安くなる月の中でも9月から11月は特に安くなります。

安くなる月に引っ越しを合わせると費用の節約につながります。

また、引っ越しは土日祝日といった休みに日に行われることが多いため、料金もその分かかります。

日にちに関してはより安く済ませたいなら平日をおススメします。

そして、引っ越しが安くなる時間帯もあります。

引っ越しをする際に希望時間を伺うことになりますが、時間を指定せず引っ越し業者にお任せすることです。

引っ越し時間が何時になるのかはハッキリと分かりませんが、引越しが始まる前に連絡をくれたり、ある程度の時間の目安は教えてくれます。

時間帯を指定するとそれだけ料金が加算されますが、引っ越し時間を指定しなければ料金の加算も無くなり、その分引っ越し費用を浮かせることが出来ます。

複数の引っ越し業者の見積もりを取ろう

とにかく安く引っ越しをしたいと考える場合にやっておくことは、複数の業者から見積もりを出してもらうことです。

引っ越し業者を一つに絞らずに、いくつかの業者に見積もりを取ることで、どのくらい費用がかかるのかを比較でき、費用を抑える有効な方法となります。

引っ越し費用を安く済ませる上で見積もりは大切で、複数の業者に見積もりを出してもらうことで引っ越し料金が安いところがハッキリと分かります。

見積もりを出してもらう方法は、ネットで検索すると色々な引っ越し業者が比較できるサイトがあります。

そこで条件で検索をかけ、同じ条件でどこの業者が一番安いかを一覧で見ることができます。

どこが安いのかが一目瞭然なので、見積もりを取るには比較サイトを活用することです。

≫【無料】引越し一括見積もりをする 引越し侍

荷物を極力少なくしよう

引っ越しは荷物が多くなると運搬費が高くなります。

荷物が多くなると持っていくトラックも大きいタイプを用意する必要があり、加算対象になってしまいます。

転職で引っ越しをする際には、引っ越し先で用意できそうなものは引っ越し後に用意した方が効率が良いです。

持っていく荷物を少なくすることで運搬に使う車両も小さいタイプで済み、料金も抑えられます。

荷物を少なくすることは、引っ越し費用を安くする上で必要不可欠なポイントとなります。

荷造りは自分でやろう

転職活動を続けていると疲れてしまったり、荷物を入れる段ボールを用意したり荷造りまでやる余裕が無いので、引っ越し業者に任せることも多いです。

段ボールの準備から荷造りまで業者に任せると、その分引っ越し料金に加算されてしまいます。

転職にかかる費用もあるし、引っ越し費用を抑えたいと考えるなら、自分で段ボールを用意して梱包も自分で行うことで費用を節約出来ます。

段ボールはスーパーで無料でくれるところもあるので、利用すれば段ボール代もほぼ無料でまかなえて、荷物を少なく抑えれば少ない数の段ボールで済みます。

転職による引っ越しの場合は、会社が費用を負担してくれることもある

転職活動の際に失業保険を受給していて、かつハローワーク経由で紹介された会社に転職した場合、その会社が遠方にあり引っ越しが必要となった際に「移転費」として支給されるケースがあります。

移転費が支給される条件とは、

・ハローワークで紹介された求人に限られること

・失業保険の待機期間もしくは給付制限期間が経過していること

・通勤時間が往復で4時間以上かかり、自分の住んでいる地域から通勤出来ない地域へ転居する必要があると判断された

・交通の便が悪く通勤に不便である

以上のことが挙げられます。

移転費の内訳は鉄道費、移転料、着後手当となっており、それらの合計金額が支給されます。

交通費は鉄道やバス、船、飛行機などの交通機関で移動した際にかかる費用で、移転料は引っ越しにかかる費用のことです。

現在の住まいから引っ越し先までの距離によって移転料が決められています。

着後手当は引っ越しにおける移動距離が100キロ以上か100キロ未満かによって金額が決められています。

移転費は距離や交通費よってどのくらいの費用が支給されるかは違いますが、単身者で15万ほど支給されるので対象になっている方は申請するべきです。

移転費は移転日の翌日から一ヶ月以内に申請する必要があるので、申請期間が短いので注意が必要です。

よって、転職で引っ越しを余儀なくされた場合に、引越し費用を安くする5つのポイントをまとめます。

時期 引越しのオフシーズンとなる5月から2月を狙う
時間帯 平日、時間の指定をしないスケジュールで引っ越しを検討する
見積請求 複数の引っ越し業者の見積もり一括サイトを活用しどこが一番安いかをチェックする
荷物 荷物を少なくして梱包を自分で行うことで費用を安くする
会社から費用の支給 ハローワークで失業給付を受給し、ハローワーク経由で紹介された求人で遠方に転職する際は移転費が支給される
(交通費や引っ越し費用などを支給してくれる制度なので、地方の転職になってもトータルの費用を安く済ませることが可能)

この5つのポイントを知っていると、引っ越し費用をグッと抑えられるので便利です。

手早く引越しするなら、まずは一括見積もりで比較してみましょう。

引越しまでの時間がない時に利用したので、すごく便利でした!

①複数の引越し業者の比較が簡単にできます。
②最安値の引越し業者がすぐ見つかります。

≫【無料】引越し一括見積もりをする 引越し侍

関連記事

時間がない!転職で引っ越しに必要な5つの手続きとタイミング

重要!転職と引っ越しはどちらが先?転職を先にするべき3つの理由

転職先が決まったら?引っ越しの準備期間を約3週間で済ませる方法

転職と引っ越しを同時にするための3つのコツと注意点