転職と引っ越しを同時にするための3つのコツと注意点

転職をする際に転職先の近くに引っ越したり、心機一転のために引っ越しをするといった、転職と引っ越しを同時に行うケースは多いです。

ですが、転職と引っ越しを同時に行うのは困難な部分も多く、注意したいこともあります。

そこで、転職と引っ越しを同時に行う上で必要なコツ3点と注意したいことを紹介します。

転職がはっきりと決まってから引っ越しをしよう

転職がほぼ決まるだろうと思い込んだり、ここで自分は働きたいから引っ越しをしてしまおうという、転職が確定していないのに引っ越してしまうのは大変危険です。

何とかなる、ほぼ決まるだろうと思い込んでいたら、実は残念な結果に終わってしまう可能性もあります。

ここに転職できると思い込んで引っ越しをしても、そこが不採用だったら引っ越し自体が無駄になってしまいます。

引っ越しは多大なお金も時間もかかります。

この会社に入ろうと思って引っ越しをしたけど不採用だったから、また別のところに引っ越せば良いというわけにはいきません。

不採用の度に何度も引っ越しをするのは不可能なので、結果が来るまでは引っ越しはせず、結果が出てから行動に移すようにするのが転職と引っ越しを同時に上手く行うコツです。

採用試験で手応えを感じたから引っ越しをするのではなく、手応えがあったところでも落ちることもあると心に留めておくことが大切です。

転職先の結果がはっきりとするまでは焦って実家または自宅から引っ越すことをせず、落ち着いて結果を待ってから引っ越しというアクションを起こすことが重要なポイントです。

それから、賃貸契約の際に無職か転職先が決まっているかどうかでかなり印象が違います。

契約する側からしたら、無職だとこれから家賃が払えるのか不安に感じます。

転職先が決まってから引っ越しを決めることで、家賃を払うことが出来るだろうと判断してもらえ、スムーズな賃貸契約が可能となります。

転職先を決めてからの方が引っ越しが上手く行えます。

転職と引っ越しは間を開けて1つ1つ行おう

転職と引っ越しを同時に行うことは精神的に疲れるばかりです。

これらを同時に行うということは、新しい環境に足を踏み入れることになります。

自宅が変わることが無くても、転職して慣れるまでは以前の職場と違う部分があるでしょう。

全く経験の無い業種や業界だったり、職場に慣れるまでには時間がかかります。

職場や仕事にも全然慣れていない中で引っ越しを同時に行うと、引っ越し先でのご近所の人間関係や生活に必要な店などの位置関係もゼロの環境で過ごすことになります。

家に帰っても気が休まらず、新しい環境に適応できずに心が悲鳴をあげてしまうこともあります。

転職先も新しい環境で引っ越し先も新しい環境となると、どんなに転職や引っ越しに慣れていると言っても、精神的な疲労は想像を絶するものとなることを知っておきましょう。

もし転職先で上手くいかない、自宅ではご近所トラブルに巻き込まれてしまった、という状態に陥ってしまえば八方塞がりとなってしまいます。

自分の心の拠り所を失うリスクも高く、転職と引っ越しは間を開けて余裕をもったスケジュールで行うことが精神的苦労を減らすことにもつながります。

転職と引っ越しは間を開け、転職をしてから引っ越しをする、あるいは引っ越しをしてから転職をすると言った、何かをしたら次のアクションに移すのが良いでしょう。

1つクリアできたら次に進んだ方が、精神的なダメージも最小限に済みます。

どうしても、転職と引っ越しがタイトスケジュールとなり同時進行しなければいけない時は

「今は必要最低限のことだけを行う」

「慣れたら一生懸命頑張ろう」

という気持ちで、最初から完璧にやろうと思わないことが同時に行う上での必要なコツです。

まず、転職先で仕事を覚えることに集中し、自宅では役所などの住む上で必要な申請を行う、食事や必要なものの買い出し、洗濯といった生活する中で最低限やることだけ確実に行うことです。

そうすることにより、転職と引っ越しが同時になってしまった際にくじけずに、メンタルを維持しながら過ごせるポイントとなります。

ウィークリーマンションを活用しよう

転職だけでも引っ越しだけでも、想像以上の費用がかかったり気持ちの面でもくじけてしまったり、不安定になることも多いです。

最初は本社勤務だけど配属先は違う場所という可能性もありますので、勤務地がはっきりとしない不安がある場合は、最初はウィークリーマンションを活用するのが良いです。

ウィークリーマンションとは1週間や1ヶ月単位で部屋を借りることができ、必要最低限の生活を行う為のものが既に揃っています。

転職先が本社勤務だと思ったら実は違うところだったという場合、引っ越しに失敗というリスクを減らせるからです。

転職と引っ越しを同時に行う際に注意したいこと

転職先の募集要項を見て「転勤が無さそうだから本社の近くに引っ越ししよう」と言う安易な気持ちで引っ越しをすると、実際の配属先は引っ越し先から遠いところになってしまうケースも少なくありません。

募集要項に転勤の有無が特に書いていないけど、「最初からいきなり遠いところに飛ばすことはしないだろう」「しばらくは本社勤務だろう」と思い込むのは危険です。

1年後に転勤して遠い地に行かないといけなくなった、といった実際に働くようになってから転勤があることを知ることもあります。

最初は本社勤務だったけど配属先は本社以外になった場合、せっかく本社の近くに引っ越しをしても無駄になってしまいます。

募集要項に「転勤なし」と書かれていて「本社勤務」「支店勤務」といったはっきりと勤務先が決まっている場合は勤務先の近くに引っ越しをしても問題ありません。

しかし、実際に入社すると募集要項とは違う部分は多々あります。

安易に本社の近くに引っ越しをしてしまうと、支店など本社とは離れている場所に配属になった際に通勤で苦労することになります。

まずは面接で、転職の際に引っ越しを検討している旨を伝え、配属先や転勤の有無を再確認した方が良いでしょう。

本社の近くに引っ越せば安心という安易な気持ちで引っ越し先を決めてしまい、実は遠くの支店や営業所に配属なって引っ越しで後悔をしないためにも、働き始めて職場の雰囲気を知ってから引っ越しを考えるようにすることが失敗しない注意点と言えます。

よって、転職と引っ越しを同時に行うにはリスクが多く、注意したい点もあることが分かります。

慣れない環境で心がくじけてしまわないためにも、転職先を決めてから引っ越しを行うことがベストです。

どうしても同時に行う際は、転職も引っ越しも完璧にやろうと追い込み過ぎず、とりあえず最初のうちは最低限の生活をすることを考えましょう。

まずは仕事に慣れることに集中して、慣れてきたら徐々に行動範囲を広げていき少しずつやりたいことを広げていきます。

ウィークリーマンションを活用するのも有効で、募集要項には無い勤務地に配属になった際にウィークリーマンションならすぐに引っ越しができます。

落ち着くまでウィークリーマンションを使うのも、転職と引っ越し上手く行うコツです。

手早く引越しするなら、まずは一括見積もりで比較してみましょう。

引越しまでの時間がない時に利用したので、すごく便利でした!

①複数の引越し業者の比較が簡単にできます。
②最安値の引越し業者がすぐ見つかります。

≫【無料】引越し一括見積もりをする 引越し侍

関連記事

時間がない!転職で引っ越しに必要な5つの手続きとタイミング

転職先が決まったら?引っ越しの準備期間を約3週間で済ませる方法

重要!転職と引っ越しはどちらが先?転職を先にするべき3つの理由

お金がない!転職前の引っ越し費用を抑える5つの方法と対策