製薬会社のMRに転職するために必要な3つの特徴を解説

今の仕事から転職を考えている人は、世の中たくさんいます。

転職の候補として、製薬業界MRへの転職を考えている人も少なくありません。

製薬業界のMRとは医薬担当者の意味があるので、医薬に関する知識などが求められます。

そのため、専門的な知識も必要になってくる仕事と言えます。

転職の際に失敗せずに成功するためにも、どのような点を知っておくと良いかご紹介します。

MRの特徴を知っておく

製薬業界のMRには3つのタイプがあるため、それぞれに違いがあります。

新薬メーカーMR

このMRは新薬を開発、製造、販売している製薬会社のMRであり、人数も多い一般的なMRと言えるかもしれません。

このMRは医薬品に関する知識の高さが求められるので、未経験者の方が新薬メーカーMRに採用されることは少ないです。

採用試験は少なくても応募する人数は増えてきているので、なかなか新薬メーカーMRに転職するのは難しい現状だと言えます。

MR認定資格という資格も必要になってくるので、未経験で転職するのはかなりの高いハードルがあると言えます。

ただ、その分給料も高く設定されており、福利厚生でも恵まれている部分があります。

職種としてはかなり魅力的な仕事と言えますね。

ジェネリックメーカーMR

ジェネリック医薬品とは、新薬メーカーが開発した特許切れの医薬品と同じ有効成分を同じ量含んでいて、その新薬と同じ効能や効果が得られる医薬品のことを言います。

ジェネリックメーカーMRはこのジェネリック医薬品の製造と販売になります。

そして新薬メーカーMRと違い、ジェネリックメーカーMRは医薬品に関する専門性はあまり求められません。

ジェネリック医薬品の普及も広がってきていますが、応募の人数は増えていないため採用率も高くなっています。

MR認定資格も不要なので、ハードル的には新薬メーカーMRよりも低く設定されています。

また国の政策面での援助もあるため、成長にも期待ができます。

ただし、給料や福利厚生に関しては新薬メーカーMRよりも低い設定となっています。

ジェネリックメーカーMRは、今後に成長が期待できるMRだと言えます。

コントラクトMR

コントラクトMRとは、製薬会社から販売業務を受託している企業のMRです。

コントラクトMRは専門性が新薬メーカーMRほど求められます。

MR認定資格の取得のための教育も積極的に受けることができます。

給料は新薬メーカーMRよりは低いですが、ジェネリックMRよりは高く設定されています。

応募人数も多いので、合格するのは難しい部分もあります。

ただ、このコントラクトMRは経験があれば、経験を活かして違う新薬メーカーに転職しやすいメリットがあります。

そのため、経験がある人は転職にも非常に有利なMRと言えます。

未経験がチェックされる先行ポイントは

製薬業界MRへ転職する際にチェックされるポイントは年齢です。

新薬メーカーMRやコントラクトMRでは人材育成の必要性なども考慮して、30歳までの方を想定していることが多いです。

未経験で製薬業界MRに転職するならば、30歳以下が求められるので、その点をチェックしておくべきです。

また、応募条件としても営業の経験が求められるので、その経験があるかどうかも考慮しておく必要があります。

営業での成功事例や、その営業のプロセスでの成功要因などを整理しておくと転職の際に有利になります。

また、コミニュケーション能力も求められます。

営業能力の1つとしてコミニュケーションは必須です。

コミニュケーション能力としては結論とその説明が一致しており、長くならないように話すことが求められます。

このような能力を持っておくと転職に有利になると言えます。

製薬業界MRへの転職の際の覚悟

どの製薬業界でも、MRとして働くならば医療の担い手になるという覚悟を持っておくことが大事になります。

転職しても失敗する人は年収だけを見て決定することが多いためです。

今のMRは接待なども禁止されているため、比較的制度も整っていて仕事はしやすいですが、薬の営業を行う点でストレスになることがあります。

医師に自分たちの薬を使用してもらうには、先ほどのコミニュケーション能力が大きく求められ、しっかりと信頼を勝ち得る必要があります。

これには時間もかかることが予想されるので、忍耐力が必要です。

専門的な知識の勉強も必要になるので、その点も努力が求められます。

簡単な仕事ではないため、この点で覚悟を決めて転職する必要があります。

製薬業界MRへ転職する際は、新薬メーカーMR、ジェネリックMR、コントラクトMRなどの3つの種類から基本的に選択できます。

ジェネリックMRが転職しやすいかもしれませんが、3つの内どれに転職してもその後にしっかり営業を頑張ることが求められます。

仕事内容を理解して、給料だけで転職を決めないようにすることが成功の秘訣です。

転職エージェントを利用して転職活動をするのは、今は一般的になってきました。 しかし転職エージェントはたくさんあるので、どういった特徴やメリ...

関連記事

通勤したくない!テレワーク狙いで事務の転職は可能なの?

SEの転職がうまくいく!面接でアピールしたい3つのこと

営業もテレワーク化!どこまでが本当?客先訪問不要説

【間違いだらけ】CADオペレーターに将来性はあるの?

事務職の転職希望者は多い!採用を勝ち取るための3つのこと

キツイ!CADオペレーターはしんどい!転職を決めた5つの理由