第二新卒の転職は無理?リクルートエージェントが選ばれる理由

新卒で入社したけど、実はもう辞めたい・・・。
入社して1年くらいだけど、他の仕事に興味がある。
会社や仕事が合わない。転職したいけど経験年数が少なすぎる。

社会に出てまだそんなに経っていないけど、辞めたいと思うことは実はよくあります。

自分が思っていたのと違った、という理由が多いです。

ブラック企業なんかはよくある例ですね。

しかし、多くの人が経験年数の少なさから転職に踏み切れません。

ここで勘違いする人が多いのですが、新卒で入社して3年未満(第二新卒)の人は転職市場でとても需要があるのです。

もしあなたが新卒で入社して1~2年で辞めたいと思っているなら、良いタイミングです。

転職の需要がある今のうちに、転職活動を始めてみませんか?

第二新卒者はなぜ需要があるの?

第二新卒者は企業側からみて、教育して戦力になりやすいので転職にも有利です。

新卒採用は年々激化しているため、優秀な学生を確保するのが難しいのです。

そこで、良い新卒者がいない場合に備えて、第二新卒にも注目しているのです。

人手不足の業界もまだ多く、第二新卒者を欲しがる企業もたくさんあります。

よく言われる「3年の社会人経験」は必要ありません。

今の会社を辞める理由さえしっかり説明できれば、第二新卒は転職に非常に有利です。

昔に比べると、今は新卒で入社した会社を短期間で辞める人は多いです。

ブラック企業やスキルが伸ばせない会社、将来性がないところにダラダラいることの方が疑問視されます。

見切りをつけて早めに軌道修正に舵を切る行動力は、企業側も評価するポイントです。

良い意味で経験は特に求められないので、未経験の分野でも採用されやすいのです。

企業側は最初から教育がしやすいからです。

最初の新卒の会社で失敗しているからこその覚悟があるので、自信を持って転職活動を始めましょう!

企業が求める第二新卒者とは

企業は経験の少ない第二新卒者に何を求めるのでしょうか?

第二新卒者は一度社会に出ているので、新卒者に比べて手間や費用をかけずに楽に育成ができます。

また、ビジネスマナーの基礎も身に着いているので、教育が楽なのです。

さらに、経験が少ないということは会社に馴染みやすく、柔軟で適応力が高いです。

企業が求めるのは経験や能力よりも、仕事に対する熱意や意欲の高い人です。

おすすめできない転職活動方法

ハローワーク

ハローワークは個人的には転職活動にはおすすめしません。

ハローワークの求人は、地元密着型なので聞こえはいいのですが、登録要件を満たせばどんな企業でも登録できます。

つまり、ブラック企業も多く存在しているということです。

ハロ―ワーク経由で採用すれば、法人税の軽減や採用者給与の一部負担などがありますが、給与水準は低いです。

そのため、私は雇用保険の受給をするために登録して、転職活動には一切利用していませんでした。
(他の求人媒体を利用しても雇用保険は受給できる。)

転職サイトや広告

企業の内部が見えづらく、いつも募集している企業が多数あります。

そういう企業は、入社してもすぐに辞めてしまう何かしらの理由があります。

広告求人は、応募数が異常に多くなる特徴があります。

不特定多数の応募者がいるので、1名の募集に対して100名以上の応募者が殺到することは珍しくありません。

特に事務職はそのような傾向があります。

このように、自分の希望する企業が見つけにくいのと倍率が高いため、効率も悪く採用までの道のりが大変です。

倍率が高いことを考えると、あらかじめ履歴書を用意しておき、求人を見つけた直後に即郵送できるようにしておかないと間に合いません。

第二新卒者は転職エージェントがおすすめ

あなたにお勧めしたいのは、転職エージェントをうまく利用することです。

リクルートエージェント、パソナキャリア、マイナビエージェントなどは、業界最大手で第二新卒に強いです。

中でもリクルートエージェントは求人数が圧倒的に多いので、おすすめです。

≫【無料】リクルートエージェントの登録はこちら

求人が多いということは、それだけ応募できる企業も多いです。

また未経験の分野にチャレンジしやすいし、選択肢もたくさんあります。

転職エージェントは、人によって合う合わないがあります。

複数登録するのもアリですが、リクルートだけでもOKです。

無料なので、とにかく利用しまくって使い倒すことが、転職を成功させるポイントです。

第二新卒者の転職活動の流れ

まずは、新卒の就活とは違うので気持ちを切り替えて、転職エージェントに登録しましょう。

そこから転職活動は始まります。

登録後に面談

アドバイザーと面談をして、転職先の希望を明確にします。

希望する業界の現状や内部情報、別の視点での職種の提案など、さまざまなことをアドバイスしてくれます。

履歴書、職務経歴書の準備

応募書類の書き方に関しては「採用されやすい書き方」をキャリアアドバイザーが教えてくれます。

作成した応募書類は、添削指導もしてくれます。

企業へ応募

企業への応募と面接の調整はアドバイザーが行います。

企業との面接の前に、模擬面接などの対策をしてくれますので、アドバイザーにお願いしましょう。

採用

内定後の手続きや給与交渉などもアドバイザーが行います。

以上がエージェント経由で転職先が決まるまでの流れです。

エージェントは非公開求人を保有していて、私たちが普段見る募集要項は公開案件だけです。

転職エージェントを利用するメリットは、この「非公開求人」です。

ここが転職後の人生の分れ道、と言ってもいいでしょう。

アドバイザーと相談しながら、希望に合う企業を見つけましょう。

仕事を辞めずに転職活動をするコツ

仕事をしながら転職活動をするのは、とても大変です。

とにかく時間がないからです。

でも、リクルートエージェントを利用すれば、求人の応募や面接の日程もうまく都合つけてくれます。

求人を出している企業も、そこはちゃんと理解してくれるので心配ありません。

・今の仕事はまだ辞めずに転職活動を始める。

・転職エージェントに登録して、希望の転職先を探してもらう。

・転職エージェントが開催している就職対策の講座を受けてみたり、面接、履歴書・職務経歴書対策をアドバイザーにお願いして転職活動対策を万全にする。

・面接の日程は夕方にしてもらうようアドバイザーにお願いする。

余裕をもって今から転職活動を始めましょう。

転職エージェントに現状を話し、いつくらいに辞めて、いつぐらいから働きたいと具体的に相談しておくと、それに合わせてスケジュールを組んでくれます。

リクルートエージェントは求人情報だけでなく、現在の仕事悩み、今後のビション、上手な退職方法、面接、履歴書のコツなど、全体的に相談に乗ってくれます。

転職活動は「努力」「運」「タイミング」の3つがそろって成就します。

行動起こすなら、早ければ早いほど有利です。

良い求人はすぐに採用が決まってしまいます。

ライバルはまだまだ多く、みんな同じように転職活動を始めています。

しっかり計画を立てて、早めに行動してくださいね。

リクルートエージェントの登録方法

面倒なのは最初の登録だけです。

転職を成功させるために必要なので、面倒でも登録は今済ませましょう。

登録はWEB上からできます。

※入力は全部で19項目あります。(約10分程度で終わります)

①希望の勤務地
②直近の年収
③直近の経験職種
④性別
⑤メールアドレス
⑥生年月日
⑦氏名
⑧住所
⑨電話番号
⑩最終学歴の卒業年月
卒業学校名
最終学歴
英語力
⑪現在の就業状況
⑫経験社数(職歴の数)
⑬直近の勤務先名、入社年月
⑭直近の経験業種
⑮直近の勤務先での雇用形態
⑯保有資格、その他伝えておきたいこと

入力完了後、リクルートエージェントからメールまたは電話があり、面談の日程や今後の流れを説明してくれます。

≫【無料】リクルートエージェントの登録はこちら

※無料でサポートが受けられるので、まずは登録して相談してみましょう!

関連記事

リクルートエージェントの感想は?製造業の転職体験談

リクルートエージェントってどうなの?転職経験者の口コミ紹介

リクルートエージェントの感想は?年収上がったエンジニア・技術職の転職体験談

リクルートエージェントの評判が悪いのは本当?利用した人に聞いてみた

リクルートエージェントの感想は?建設業の転職体験談

リクルートエージェントの評判を転職初心者向けに詳しく解説!