SEの転職がうまくいく!面接でアピールしたい3つのこと

SEの転職は比較的容易だと考えている人が少なくありませんが、これは大きな間違いです。

SEの仕事は所属している企業や団体により大きく異なるため、経験があるからといって他社でも認められると言うものではありません。

そのため転職を希望する場合にはあなたのスキルを冷静に分析し、転職先にはそのスキルを活かせるようなところを選ぶことが重要です。

あなたのスキルを冷静に整理しましょう

SEの転職で最も問題となるのが過去にどのような業務を行ったかと言う点です。

これについては転職先において必ずしも良い印象を持たれる内容ではないことも少なくないものです。

あなたにとっては非常に大きな成功体験であっても、転職先の企業にとっては非常に特異な例であることも多く、即戦力として採用するには値しない評価が下されることも少なくありません。

そのため転職を成功させるためにはあなたがこれまで行った業務において得たスキルがどのような業務に役立つのかを冷静に分析しアピールすることが必要です。

基本的に行ってきた業務の内容は企業により異なりますが、その基礎技術は標準的なものが利用されていることが多いです。

自らが行ってきた設計業務や開発業務で利用している基礎技術を分析し、その応用が転職を希望する企業で可能かどうかをしっかりと判断することが重要です。

今まで大企業のSEの場合、企業のネームバリューで転職がスムーズに進むということがありました。

しかし現代ではシステムの構築技術が標準化され、大手企業であっても中小のシステム開発会社であっても利用する技術レベルは変わらず、これらの技術を利用してより柔軟性の高いシステムを構築することがSEにとって大きな成果と考えられる風潮があります。

そのため高い技術を持っていてもその技術が標準的なレベルとしてどの位置にあるのかを明確に自ら把握しアピールすることが重要です。

顧客対応実績を整理しましょう

SEの多くは企業SEとして様々な顧客のシステムやビジネスモデルに深く関わってきた実績も多いものです。

そのためその顧客対応実績をしっかりと整理し、自らのノウハウとしてアピールすることが転職先で魅力的な人材として認められる大きなポイントとなります。

SEを募集する多くの企業の目的は、技術レベルの高さよりも様々な顧客に対して柔軟に対応し効果的なシステムを設計することができる人材です。

そのため設計技術や開発能力の高さよりも、その技術を顧客のシステムにいかに適用し対応してきた会の実績が非常に大きなポイントになります。

基本的に顧客の対応の内訳は企業秘密として転職の際に口外することはできませんが、その対応実績はあくまでも個人の資産として十分に生かせるものです。

そのため、自らがこれまで行ってきた様々な顧客の対応の実績を客観的に整理し、そのノウハウを持っていることを転職先の企業にしっかりとアピールすることが成功につながります。

あなたの資格を見直しましょう

近年はSEが利用する様々な技術が標準化されており、これらの多くは公的な資格やそれぞれのベンダー等が展開する技術や資格等において認定されることが多くなっています。

企業においても技術者を採用する場合にこれらの資格を保有していることが評価基準の大きなポイントとなっているため、SEの技術力を客観的に示す指標として非常に有効なものとなっています。

これまでSEの多くは企業内の様々な構築技術を利用してシステム構築を行う傾向にあり、その技術が業界標準としてどのようなレベルにあるのかを精査することが少ないものですが、転職を行う場合にはその技術を判断する基準として非常に重要なものとなります。

そのため、転職を行う場合には自らが取得できそうな様々な技術に関する資格の試験を受験しその資格を取得しておくことが転職において大きな強みとなります。

最近では企業内において様々な技術資格の取得を推奨するところが増えています。

今すぐ転職するわけではなくても機会があればこのような資格を積極的に取得しておくことが転職をする際に大きな強みとなります。

SEの転職は技術的な部分が大きな評価基準となるため、その技術を客観的に示すための様々な方法を考慮することが重要です。

特に大手企業のSEの場合、その業務実績だけで高い評価を受けると考えている人も多いのですが、実際には転職先においては他社の業務レベルが正当に評価できるケースは少なく、そのノウハウだけを評価する事は基本的にはありません。

特に現代では様々なシステムが標準的な技術により構築されていることが多く、これらの標準的な技術をしっかりと習得していることが重要な要素となるため、自らの技術を標準的な技術と照らし合わせてそのレベルをしっかりと確認しアピールすることが必要です。

加えて顧客対応能力もSEとして重要な要素となるため、その顧客対応実績も十分に整理し転職先で明確に示すことができるように準備することが大切です。

転職エージェントを利用して転職活動をするのは、今は一般的になってきました。 しかし転職エージェントはたくさんあるので、どういった特徴やメリ...

関連記事

営業の転職の面接対策は3つアピールポイントが採用のカギ

事務職の転職希望者は多い!採用を勝ち取るための3つのこと

営業に向かない人の7割は性格が原因。失敗しない転職の考え方

製薬会社のMRに転職するために必要な3つの特徴を解説

経理はつぶしがきく職業!転職に必要なスキルは知識と経験のみが強み

通勤したくない!テレワーク狙いで事務の転職は可能なの?