【無駄】営業の転職はテレワークが必須!客先訪問も不要になる


ここ最近の社会の流れで、在宅勤務(テレワーク)を導入する会社がどんどん増えていますよね。
あなたの会社はどうですか?

もう通勤で満員電車に乗りたくないし、出社もしたくないですよね。

できることなら出社せず、在宅で仕事がしたい。

しかし、営業は仕事柄テレワークが難しいとされています。

とは言え、これだけテレワークが普及し始めていて、以前は無理とされていた職業でさえもテレワークを導入し始めています。

それなら営業も、テレワークが可能なのではないか・・・と思いませんか?

営業職のテレワークの状況

営業は客先に行ったり、相手と対面することが多いですよね。

テレワークとは縁がない職業だと思われているけど、実はそうでもないんですよ!

テレワークと出社の割合

実際にテレワークを導入している営業は、他の職業に比べると出社の割合が少し高い印象があります。

半々くらいの頻度か、出社が8割になる場合もあります。

営業の仕事も多岐にわたるので、デスクワークも当然多いです。

家でも事務仕事が可能な場合は、テレワークでも可能です。

客先へ納品があったり、押印や社内システムを使うときは、出社せざるを得ません。

ただ、この辺は改善傾向にあります。

はたして出社する必要があるのかどうか、考えてみれば無駄や不要が多かったことに気づくのではないでしょうか。

テレワークの手当と金額

テレワークは賛成だけど、気になるのが手当ですよね。

在宅勤務ということは、通常より光熱費がかかります。

場合によっては通信費や通話料もかかります。

そのため、月数千円は高くなってしまいます。

しかし今のところ、手当を支給する企業はまだ少ないのです。

最近テレワークが普及し始めたばかりなので、手当については対応が追い付いていないところが多いのが現状です。

今はまだ、在宅勤務の手当は期待できそうにありませんね。

でも今後、テレワークに関する環境が整い始めれば、手当の支給が始まる可能性が高いです!

また、会社によっては機器の支給があります。

例えば、ノートパソコンや携帯電話など。

セキュリティの観点から、パソコンや携帯電話や通信環境などは会社支給になります。

出社とテレワークのどちらが働きやすい?

事務仕事などは出社の必要がなく、自宅でも可能です。

今は、お客さんともオンラインで対応できますしね。

そうなると在宅の方が仕事がしやすいのではないでしょうか。

営業はいろいろとストレスが溜まります。

自宅で落ち着いた環境で仕事をする方が、ストレスなくはかどります。

通勤も省けるし、移動を削減できて無駄がない分、時間に余裕ができますよね。

今後のテレワークの働き方はどうなる?


営業職も徐々にテレワークを導入する動きになっています。
少しづつですが、定着していくでしょう!

不向きだとされていた営業のテレワークも、実際はやりやすいことに気づく企業が増えてきたからです。

客先もテレワークを導入しているので、こちら側も自然とテレワークで対応する流れになります。

社内のミーティングやお客さんとの交渉も、今はオンラインで全て可能です。

今まで客先に出向いていたことも、今後はなくなっていくでしょう。

営業の方が実はテレワーク向きなのかもしれません。

テレワークのメリット


営業をしていると、通勤と客先への移動の時間が多く、効率が悪いと感じませんか?

テレワークは、客先へ行かずにオンラインで交渉できるので、無駄な時間の削減になります。

一日の移動時間を考えれば、一目瞭然ですよね。

通勤や移動の時間を削減できるのは、非常にメリットです!

今までは客先から戻って、それから事務作業に追われて、気が付いたら深夜だった・・・

なんてことが、移動時間を事務作業に充てられるのです。

また、接待も今後は減る傾向になるでしょうね。

私も営業時代は接待が苦痛でたまらなかったです。

働き方や人付き合いが、ガラッと変わるように感じます

テレワークのデメリット

わざわざ出向く必要のない打合せなどは、オンラインで済ませた方が当然楽です。

しかし、実際に会って説明した方が早く確実な場合もあります。

そんなときは、オンラインだと相手とのやり取りが難しいです。

場合によっては、客先に出向く方が良いこともあります。

対面の方が得意な営業マンは、特にそう感じるかもしれません。

また、上司にちょっと相談したいときは、同じ職場にいた方が質問しやすいですよね。

わざわざオンラインにしてまで聞くことじゃないような、本当にちょっとした確認なども、テレワークだと迷うんです。

同じ空間にいれば、簡単に声がかけられてサクッと聞けるんですけどね。

決済時もテレワークだと不便ですね。

今後は、こういった不便さをどう解決していくかが、営業のテレワークの課題になります。

会社はテレワークをどう考えているのか


大手企業はテレワークを推奨していくでしょう。
しかし中小企業の営業は、在宅勤務を導入するのはまだ難しいかもしれません。

評価や仕事量に差があるため、テレワークの導入に慎重な企業もまだ多いです。

遅かれ早かれ、将来的にはテレワーク推奨の流れになることは間違いないのですが。

テレワークを導入しない会社は未来がない

営業職は残業が非常に多いです。

しかし、業務をオンライン化することができれば、残業も削減できます。

とにかく無駄を省くことが可能になります。

テレワークを導入することで業務の効率化だけじゃなく、社員の働き方や健康を守ることに繋がります。

そういったメリットを無視し、従来の古いやり方にこだわる会社には将来がないです。

周りの流れに合わせて、すぐに適応できる会社やリーダーシップが求められます。

今後、テレワーク可能な会社へ転職を希望する人が増える


テレワーク推奨の動きもあり、働き方を見直して転職を希望する人が増え始めているのをご存じですか?

特に営業は他の職種に比べて、テレワークによる働き方の改善が見込まれるのです。

今までの劣悪な職場環境や残業・休日出勤で、疲弊している営業社員も多いです。

テレワーク可能な会社なら、これらの働き方を変えることが可能になるのです。

今の会社が改善するのを待つよりも、転職してしまう方が安心できると思いませんか?

これからは働きやすさを求めて転職することが、当たり前になります。

その先駆けになったのがテレワークという働き方です。

転職エージェントはテレワーク可能な求人が増えている

転職エージェントでは、テレワークを積極的に導入している企業の求人が増えてきています。

特にリクルートエージェントは、大手の求人案件も多く安定しています。

営業職に強いので、希望の条件に合った求人を見つけやすいですよ!

まず登録して、アドバイザーに相談してみましょう。

今テレワークが厳しい会社に勤めているなら、テレワーク導入の会社に転職する方が将来的に安定します。

リクルートエージェントの登録はWEB上からできます。

※入力は全部で19項目あります。(約10分程度で終わります)

①希望の勤務地
②直近の年収
③直近の経験職種
④性別
⑤メールアドレス
⑥生年月日
⑦氏名
⑧住所
⑨電話番号
⑩最終学歴の卒業年月
卒業学校名
最終学歴
英語力
⑪現在の就業状況
⑫経験社数(職歴の数)
⑬直近の勤務先名、入社年月
⑭直近の経験業種
⑮直近の勤務先での雇用形態
⑯保有資格、その他伝えておきたいこと

入力完了後、リクルートエージェントからメールまたは電話があり、今後の流れを説明してくれます。

≫【無料】リクルートエージェントの登録はこちら

※無料でサポートを受けられるので、まずは登録して気軽に相談してみましょう。

【結論】通勤や出社、客先訪問は今後不要!


今、営業の働き方を見直す企業が増えているので、転職のチャンスですよ!

今後もテレワークを推奨する動きが早まるので、もう通勤や出社の必要性が少なくなります。

客先への訪問も減り、オンライン化がどんどん進むでしょう。

安全性もあり、営業のテレワーク化は必須だと感じます。

今の会社がテレワーク化に非積極的なら、転職してしまう方が不安を感じなくてすむと思いませんか?

関連記事

【間違いだらけ】CADオペレーターに将来性はあるの?

【恐怖】通勤なんてしたくない!事務職の転職はテレワークが必須

美容部員になるには夢や憧れは捨てて!7つの項目で詳しく解説

営業に向かない人の7割は性格が原因。失敗しない転職の考え方

営業の転職の面接対策は3つアピールポイントが採用のカギ

経理はつぶしがきく職業!転職に必要なスキルは知識と経験のみが強み