何がどう違うの?利用するべき転職支援サービスを徹底比較!

あなたが今働いている会社に不満があり転職しようとするとき、最も利用するのが転職活動を支援しているサービスでしょう。

転職希望者が主に利用するのが

「転職エージェント」
「転職サイト」
「ハローワーク」

のいずれかであることが一般的です。

これから転職活動をしようとする人たちにとって最も重要なことは、「あなたの能力や目標にフィットする会社を効率よく探し出して、内定をもらって転職が成功すること」です。

そのための手段として、それぞれの転職支援サービスの特徴やメリットを知っておくことは非常に重要です。

今回は、そんな転職支援サービスについてご紹介します。

各転職支援サービスの特徴と比較

●転職エージェント

転職エージェントは対人型の転職紹介サービスとなります。

あなたの担当となる転職エージェントと1度面談をして、あなたの経歴や転職先の希望などを伝えることとなります。

それに基づいてエージェントに求人先を紹介してもらいます。

すぐに転職をしたい人や時間のない人が利用すると、効率的に就職活動が進みます。

転職エージェントを利用して転職活動をするのは、今は一般的になってきました。 しかし転職エージェントはたくさんあるので、どういった特徴やメリ...

●転職サイト

転職サイトはWEBサイトに掲載されている様々な求人情報の中から、自分で求人先を見つけて応募するというものです。

サービス業者によっては、あなたの能力や資格・希望などを入力することによってサイトがおすすめの会社を紹介することもあります。

●ハローワーク

ハローワークはかつて「職業安定所」と呼ばれていました。国民の雇用促進を図るために厚生労働省が設置している公共の就職あっせんサービスとなります。

公的な機関であるため、職を求める人ならだれでも利用できるのが大きな特徴です。

以上のことから、対人のサービスを求める求職者で公的なものが「ハローワーク」、民間のものが「転職エージェント」となります。

インターネット上ですべて完結させるのが「転職サイト」ということになります。

自分に最適な転職サービスを決めよう

転職活動をしている人は、まだ今の会社で働いている人がほとんどです。

そのため、自分で転職先を探すということは時間的にも労力的にも困難である場合が多々あります。

転職エージェントはあなたの能力や希望に合った求人先を見つけてきてくれます。

東京や大阪など求人募集が多い都会に転職先を求める人や、営業職など求人が多い職種を希望する人には最適な方法です。

一方、地方を転職先として選ぶ場合や事務職や技術職など求人の少ない職種を希望する場合には転職エージェントでも探せない場合があります。

そういった場合は転職サイトから自分で検索することによって比較・検討できるので最適でしょう。

ハローワークは誰でも利用することができますが基本的には地元の中小企業が中心に掲載されていることがほとんどです。

そのため、地元で働きたい人や新たな職種についてみたいと考えている人にはおすすめです。

各転職支援サービスの長所と短所

転職エージェントはただ単に求人先を見つけてくるだけではありません。

面接の相談から日程の調整まで、転職先に内定がもらえるまでまさに「自分の右腕」としてサポートしてもらえるところが大きなメリットです。

自分は現在の仕事にも集中することができ、効率さも追求できます。

業界や企業の情報を提供してくれるので、その会社があなたに合っているか判断しやすくなります。

また、エージェントとの関係がうまくいくといわゆる「非公開求人」を紹介してもらえることもあることは特徴的です。

一方で転職活動において転職エージェントが主導権を握ることとなるため、日程調整などがうまくいかなくなることがあるのはデメリットともなります。

転職サイトを利用すると、大企業をはじめとして非常に多くの求人情報を得ることできます。

また、自分のペースであなたの探したい情報や職種などを選択することができる「自由さ」は大きなメリットとなっています。

一方で、あなた自身ですべてをやらなければならないため内定をもらう確率が低くなったりなかなか転職活動が進まないということもデメリットとあります。

ハローワークは地元の中小企業などが数多く載っているため、そこで働きたい人には多くのメリットがあります。

しかしどちらかというと、転職エージェントや転職サイトに載せられなかった会社であることが多いため、あなたの希望する職種や業種が選べないというデメリットが考えられます。

転職支援サービスの利用の流れ

転職エージェントを利用する場合は、担当エージェントが提案した会社に応募し書類を出して面接を受けます。

合格であれば、その後の手続きまで一緒に行ってくれます。

転職サイトでは、気に入った会社には自分で応募します。

何社応募しても問題ありません。

面接の日程や書類の提出なども自分で行います。

内定後の手続きも自分で行っていくことになります。

ハローワークでは、相談員に相談したり応募するお手伝いをしてくれます。

インターネットでも検索できたり応募できたりしますので、有効活用するとよいでしょう。

あなたに合う転職支援サービスは見つかりましたか?

希望の職種、お住まいの地域、時間の有無によって転職活動が異なります。

「転職エージェント」「転職サイト」「ハローワーク」を効率よく利用しながら、転職活動を行いましょう!

関連記事

つぶしがきく職業は選択肢が多い!最強のスキルである3つの理由

初めての転職に苦戦する3つの原因を徹底調査してみた

転活に疲れた・・・実践したいストレスをためない5つの方法

中小企業への転職に安定性はある?大企業にないメリットを解説!

3ヶ月以内に転職を成功させた人が実践した共通の方法とは?

33歳が転活を決断する時期やタイミングはいつがベストか?