転職エージェントはどこがいい?利用してわかった7つの転職事情

転職エージェントを利用して転職活動をするのは、今は一般的になってきました。

しかし転職エージェントはたくさんあるので、どういった特徴やメリットがあるのか、わかりずらいですよね。

なぜ転職エージェントを利用する人が増えているのでしょうか?

★優良企業の案件が一番多い:
リクルートエージェント

★首都圏・関西圏の20代~30代におすすめ:
マイナビエージェント

何度か転職を経験してわかったのは、自分で仕事を探すと同じような失敗を繰り返してしまうことです。

客観的に自分自身を見ないと、自分に合う会社・職種・業界を冷静に分析できないのです。

自分の直観も大事ですが、自分の判断だけでは会社を見極められません。

そのため、転職活動がうまくいかないのです。

転職エージェントを利用すると、そういった転職活動における失敗を回避できるのです。

また、就職活動期間にも差がでます。

早ければ最短1ヵ月、平均3ヶ月くらいで転職可能です。

自分で転職活動をする場合は、平均6ヶ月かかります。

転職は時間とタイミングが勝負なので、転職エージェントをうまく利用した方が絶対に有利です。

では、実際に転職エージェントを利用するとどうなのか、説明していきます。

転職前と転職後の職業はどう変化する?

前職の経験を活かすという意味では、同じ職種の紹介は多くなります。

同じ職種でも違う業界への転職なども有利です。

その人の持っている素質などから、違う職業への紹介もよくあります。

また、未経験の職種への転職を希望する場合も、相談に乗ってくれるので可能性が広がります。

「この会社は自分には難しいかも」と考えずに、まずは希望を伝えることが大事です。

どんなサービスが受けられるのか

どのエージェントも共通して行っているのは

・仕事の紹介
・面接のスケジュール調整
・企業との面接後のフィードバックなど
・内定後のフォロー

自分自身で転職活動するのと違い、エージェントは確実に転職させるようサポートが充実しています。

例えば、

・履歴書や職務経歴書の添削
・転職のセミナー
・模擬面接が無料で受けられる
・初回面談で応募や面接の際のアドバイス
・給与交渉

このように、面接に向けた情報の共有や転職のコツを教えてくれます。

書類の書き方や面接対策は自分だけで行うのは難しいので、このようなサービスはエージェントを使うメリットです。

まだ在職中でなかなか時間がない中で、転職するまでのスケジュールなどのサポートもしてくれます。

転職エージェントを使うメリット

転職活動が楽

企業への応募、やり取りの代行をしてくれるので、働きながらでも転職活動が楽にできるのが最大のメリットです。

適性のありそうな企業や職種を探してくれるので、自力で探すより楽で確実です。

面倒なやり取りはすべて担当者がやるので、精神的にも楽です。

また、給与交渉を代わりにやってくれることもあるので、言いづらいことも代行してくれます。

ネットでは見つけにくい求人の紹介や、会社の特徴などを詳しく聞くことができるので、自分が希望する企業を見つけることができます。

そのため、より良い条件の仕事が見つけられるのです。

応募書類や面接対策がしっかりしている

応募書類(履歴書や職務経歴書)を客観的に見て、場合によっては修正の提案をしてくれます。

応募する企業別に応募書類の対策をしてくれるので、書類選考にも強いです。

企業の担当者から色々企業側の情報を収集し、それに沿った面接対策をしてくれることも強味です。

非公開求人に応募できる

一般の求人情報に掲載されていない求人案件をたくさん持っています。

特に大手企業や有名企業など、水面下で人材を募集していることが多いです。

他の転職希望者の目に入らないので、競争率が下がるため転職が成功する確率が上がります。

自分を客観的に評価してくれる

自分の市場価値を知ることができるのは、転職活動をする上でとても重要です。

ほとんどの人が、この市場価値を知りません。

自分がどんな道に行きたいか、方向性に迷いがあるときもアドバイスをしてくれます。

自分のキャリアの棚卸しができるので、今後どんな業界や企業に進むべきかがわかります。

客観的に評価してくれることで、自分では気づかなかった能力などを知ることができるんですね!

転職エージェントのデメリット

大手のエージェントは、転職求職者も多く利用しているので、担当者によってはマニュアル的な対応に感じるかもしれません。

全て受け身ではなく、自分からも積極的に動くことをおすすめします。

無料なので、エージェントのサービスや担当者は利用しつくす気持ちでいかないと、大手の場合は案件が他の人に流れる可能性が大きいです。

担当者は多くの転職希望者を抱えているので、情報提供やサポートが不安に感じることも正直ありました。

転職エージェントは複数使っても問題ないので、合わない場合などのリスク回避のため、複数同時進行した方がいいです。

転職エージェントはどんな人におすすめか

・転職するための時間がない人
・転職したいが、何から始めればよいか分からない人
・幅広く求人を紹介してほしいという若い世代
・方向性が決まっていない方
・未経験の職種に興味がある人
・面接が苦手な人
・自分の可能性や価値をまだ自分自身理解していない人
・はっきりとしたビジョンがまだ持てていない人
・どのように会社を選んだらいいかわからな人
・ブラック企業を見分けられない人

難しいとされる業界も、エージェントを間に挟むことで転職が成功する可能性が高まります。

また、前職がブラック企業だった人は特におすすめです。

同じ失敗をしないよう慎重に会社選びができるので。

初めて転職する人にもおすすめ。

転職のノウハウを知ることができます。

方向性が決まっていない人も利用した方がいいです。

どういった職業、あるいは会社が選択肢として選べるかがわかります。

人生はどう変わったか

転職により人生がどう変わったか、これは非常に大きなポイントです。

良い転職先が見つかれば、給料アップや待遇面の改善、プライベートの充実など、今までとは違った多くの変化があります。

自分の条件に合う企業が見つかると、心身ともに健康に働けますよね。

また、自分には才能がないと思ったけど、実は役に立ったり求めてくれる人がいることに気づくこともあります。

自分が考えもしなかった選択肢があり、視野が広がるでしょう。

自己分析ができて、将来のビジョンを描けるようになると、社会人人生が大きく変わります。

転職エージェントを利用して気がついたこと

マイナス面

あくまで内定させるのがエージェントの仕事なので、紹介された案件の最終的な判断は自分で考える必要があります。

転職エージェントも商売なので、より紹介料の高いほうの求人をゴリ押ししてくる感じはありました。

よく吟味して就職しないと、転職後も苦労することになるかもしれません。

エージェントの方も得意な業界などがあるので、合う合わないがあります。

紹介される企業はある程度絞られていて、エントリーするかどうか考える時間があまりなく、比較的すぐに決めないといけませんでした。

転職エージェントも手数料ビジネスなので、内定者の給料の何%かがエージェントに入るため、給与交渉をかなり力をいれてやってくれることに後から気づきました。

給与はもっと強気に出て伝えればよかったです。

良かった点

思ったよりも転職エージェントを利用するハードルは低いです。

無料で気楽に利用できます。

エージェントや担当者によって、その会社(求人募集をしている会社)との仲の良さが異なり、担当者がその会社の事をよく知っていると面接対策などもより具体的にしてもらえます。

利用して良かった転職エージェント

★優良企業の案件が一番多い:
リクルートエージェント

★首都圏・関西圏の20代~30代におすすめ:
マイナビエージェント

リクルートエージェントもマイナビエージェントも規模が大きく、求人案件が豊富にあります。

リクルートエージェントは、幅広い職業に対応しているのでバランスが良いです。

初めて転職エージェントを利用するなら、リクルートエージェントだけでも満足のいく転職ができるでしょう。

マイナビエージェントは技術系の職種や20代向けなど、ターゲットを絞ってサポートを展開しています。

進みたい職種や業界がハッキリ決まっているなら、マイナビエージェントは利用しやすいです。

転職エージェントは無料で利用できます。

まずは登録して、気軽に相談してみましょう!

関連記事

転職エージェントの面接対策がすごい!内定を勝ち取りたい人必見

ハタラクティブは20代や未経験者の転職におすすめのエージェント

ビズリーチの転職有料サービスは即戦力と中途採用に強い!

怒!利用してはいけないダメな転職エージェントの4つの特徴

アイデムスマートエージェントの強みは企業とのつながりが転職に有利

ジャスネットキャリアの評判は?経理の転職希望者必見!