重要!転職と引っ越しはどちらが先?転職を先にするべき3つの理由

転職の際に、自分の住んでいる地域に希望の仕事が無いので引っ越してから仕事を探すのが良いのか、それとも仕事を見つけてから引っ越した方が良いのか悩むケースはよくあります。

そこで、転職と引っ越しどちらを先に行うのが良いのか、また転職を先にした場合のメリットとデメリット、引っ越しを先にした場合のメリットとデメリット、また現在仕事をしている方の場合は遠方への転職活動と引っ越しはどのように行えば良いのかを紹介します。

転職を先に行う方がおススメな3つの理由

引っ越しと転職どちらを先に行った方が良いのかと言うと、転職先を決めてから引っ越しを行うことです。

転職を先に行うのが良い理由

1.転職が決まっているのでその後の生活プランを立てられる

募集要項や求人票などで給料条件が確認できるので、転職先の手取り金額が分かります。

家賃がこれくらいかかるのでどのようにやりくり出来るのか分かります。

転職先が決まっていないと、せっかく良い仕事があっても生活出来るか不安な給料だったり、条件を狭めてしまうことにもつながってしまいます。

転職先を決めてから引っ越すことで、どのくらいの家賃だったら生活出来るのかを考えて探せるので、納得のいく引っ越しが可能となります。

2.賃貸契約の印象が良い

賃貸契約の際に仕事をしているか、していないかは賃貸条件として大切なことです。

家賃をきちんと毎月支払うことが前提となり、安定した収入が見込めるため不動産業者の印象も良いです。

転職先が決まっていれば家賃を払ってくれると判断してくれるので、賃貸契約もスムーズにいき、結果引っ越しもスムーズに動けるからです。

3.精神的に安心材料が多い

転職先が決まっている状態で引っ越しをすることは、新しい生活のプランも立てられるので経済的な不安が少ないです。

特に経済的な不安が少なくなることは大きな安心材料となります。

転職活動も引っ越しもお金がかかります。

転職先が決まっていない状態で引っ越しをしてしまうと、転職活動によりお金がかかってしまいます。

転職先が決まらないと家賃を払うのが大変という状態に陥ってしまう可能性がありますが、転職先が決まってからの引っ越しであればこれからの収入の心配も要らないので、その後の生活基盤も作りやすいです。

転職を先にした場合のメリットとデメリット

メリットは転職先が決まっているので、家賃や生活費など経済面の不安が少ないことです。

転職先が決まっていることは自分の生活水準も決まるので精神的にも安心です。

転職先を決めてから勤務地の近くに引っ越しすることで、どのくらいの収入が期待出来てどうやって生活費をやりくりすれば良いのか、ある程度予想出来ることも大きな利点と言えます。

転職先の近くに引っ越すことで通勤時間も短くなり、転職先となると新しい環境で慣れないことも多いため、通勤時間が短くて済むというのはストレス軽減にもつながります。

デメリットは、転職先が決まって入社までに時間に余裕が無い場合、引っ越しに必要な手続きに追われてしまうことです。

引っ越しにはさまざまな手続きが必要で、荷造りや引っ越し業者の手配など繁忙期だとスムーズにいかないことも考えられます。

ですが、転職先が決まってから入社まで余裕を持ったスケジュールであれば、手続きをしたり必要なものを揃える時間も確保できるため、手続きに追われてしまうといったデメリットは解消出来ます。

また、転職先によっては引っ越し期間を考慮して入社までの期間に余裕を持たせてくれる可能性もあり、デメリットは少ないと言えます。

先に転職先を決めてから引っ越しを成功させるポイントは、転職先の勤務地を確認しておくことです。

本社勤務だと思って本社近くに引っ越しをしたら実は違う場所で働くことになったというケースもあります。

面接の時点で引っ越しを検討していることを伝えて勤務地について確認を取っておき、採用が決まってからすぐに引っ越しを出来るように計画を立てておくことが成功の秘訣です。

引っ越しを先にした場合のメリットとデメリット

メリットは自分の理想に近い土地でゆっくりと転職活動を行うことが出来ます。

引っ越し先で腰を据えて転職先をじっくり探していくことができ、自分のペースに動くことが可能です。

デメリットは、自分の希望する仕事が引っ越し先で見つかるかどうか必ず保証されているわけでないことです。

転職先が決まっていないので、収入が無いため経済的な悩みがついてまわることです。

転職先が決まっていないのでどのくらいの通勤時間になるのかも想像出来ず、引っ越し先の近くで転職先を探そうと思っていても実際は勤務地が遠くなってしまう可能性もあります。

また、転職先が決まっていない無職の状態だと賃貸契約を結ぶのが難しいケースもあり、引っ越しがスムーズにいかない可能性もあります。

先に引っ越しをして転職活動を上手く行うポイントは、引っ越し先の求人情報や交通網を確認し、転職してからも住みやすい場所であるかどうかを考えてから引っ越し先を決めることです。

とりあえず引っ越せば良いというわけではなく、その後の仕事や生活についてもプランを立てておき、仕事も生活もきちんと出来る場所かどうかを考えることです。

転職と引っ越しどちらを先にした方が良いのかと言うと、転職先を決めてから引っ越しをした方が必要な収入や1ヶ月にどのくらいお金がかかるのかがある程度分かること、転職先が決まっていることで精神的な安心材料があることで転職先を決めてから引っ越しをするのがおススメと言えます。

転職先を決めてから引っ越しをするのは、この後の生活基盤を作れるのでデメリットは少なく、むしろメリットの方が多いと分かります。

手早く引越しするなら、まずは一括見積もりで比較してみましょう。

引越しまでの時間がない時に利用したので、すごく便利でした!

引越し侍2
①複数の引越し業者の比較が簡単にできます。
②最安値の引越し業者がすぐ見つかります。

関連記事

時間がない!転職で引っ越しに必要な5つの手続きとタイミング

お金がない!転職前の引っ越し費用を抑える5つの方法と対策

転職と引っ越しを同時にするための3つのコツと注意点

転職先が決まったら?引っ越しの準備期間を約3週間で済ませる方法