3ヶ月以内で転職を成功した人が実践した転職活動方法とは

退職を決意してから3ヶ月以内で転職をするにはどう行動したらいいでしょうか?

退職を決意してからの転職の成功までの期間は、じっくり戦略期間を置くという点で中長期にわたって考えるべきです。

ですが、正社員枠の中でそれを考えるのは、他の正社員枠の給与が高い場合のみになります。それを外せば利益はありません。

なので、あなたの仕事上のスキルと、それに見合う計算を在職中に企てる事です。

よく、簡単に転職しようとする人がいますが、その分かれ道は仕事が嫌な人か、仕事を励むことに意欲を燃やしている人かどちらかです。

後者の人であれば、家族も納得するかもしれませんので、いざ転職となっても説明をすれば理解してもらえます。

しかし、仕事が嫌なだけで早期に転職をする人は、どこの会社に入社しても同じことの繰り返しです。

そうならないためにも、嫌で今すぐ辞めたくとも計画を立てる必要があります。

ほとんどの人は、転職を決意したら現在の会社に踏ん切りをつけ、求人情報から情報収集をします。

転職を決意して次を決める期間が3ヶ月以内だったとしても、転職のための準備期間はそれよりずっと以前から始めた方が良いでしょう。

どういった会社が募集をかけているか、あなたのスキルがどの業界で通用するか、給与や待遇など、あらゆる情報を集めましょう。

そうすることによって、次の転職先を有意義に探すことが出来ます。

そして3ヶ月以内で採用を勝ち取る為には、マニュアル通りの履歴書や職務経歴書、面接では通りません。

前職(現職)の仕事を責任を持って最後までやりぬき、やりとげた人が次の会社で成功を勝ち取れるでしょう。

転職を成功する人の行動は、前職(現職)の仕事への意欲をこなし、やりとげた人と言うべきでしょう。

3ヶ月以内で転職を成功させた人の考え方と行動力とは?

3ヶ月以内で転職を成功させた人はどういった考え方をしているのでしょうか。

そのような人達は自分のスキルと仕事の状態を天秤にかけられることです。

お金を稼ぐならこのくらい働かなくてはならない、と理解しています。

そして、自分が皆よりこれだけ仕事をしているという事実を知った上で、退職を申し出て次の会社でその技術力の交渉にでるのです。

それは交渉術としての力量もそうですが、3ヶ月以内で転職を成功させるには、前職(現職)での仕事量とそのスキルを確かなものにしておくという事実が必要です。

そして、転職成功者の行動力は決めたらすぐに動くこと。

また、後ろを振り返らないことです。

実際の転職では、以前勤めていた会社や今の会社の待遇との差など、考えるところは大きいのですが、それを給与の金額で判断するのではなく、結果としての給与に満足するか否かにかかっています。

仕事をして初めて報酬を得るのですから、労働者としての不待遇が、一般労働者としての感覚ではなく、この自分の技術に見合った報酬を手にするという意気込みの元に行動に出る事が肝要です。

なので、ただ漠然と未来が良くなるためにと言った安易な理由で転職すれば、今よりも待遇は悪くなるのは必至である可能性は高いです。

注意点や失敗例は?

転職の注意点は、募集要項の給与面の金額で会社を選ばない事です。

ノルマ以上に働かせるところは給与は高いはずですし、実際は人材の流出も激しいので、高い給与を提示しています。

そして、ノルマ以上のインセンティヴの報酬を見せているところは、労働量も想像以上に多いです。そのため、業務を達成できなければ、収入は基本給の金額になってしまいます。

このように、目を引くような給与額の会社に、安易に転職を申し込み、前職(現職)を退職してしまった後では取り返しのつかない事態になります。

要は自分のスキルをどの程度しっかり把握できているか。

そして、それを売り込む先はどこかと知っていることです。

会社を転職するというのは、いわば荒れ野に独り身で戦いに出るようなものなので、自らの技術判定に差があれば、残念ながらその結果は自分の戦略ミスであったということになります。

そして、前職(現職)での仕事の成績を知っておくことも重要です。

立地の良い店に勤務していただけでは、転職先で新規開拓を任されても結果は見えています。

年齢層の固定された会社にいた場合では、比較的若い人達の集まっているところに入れば、コミュニケーション能力を上から判断されます。

転職する際に必要なのは、前職での仕事の立場や地位の事ではなく、社会と言う広いフィールドの中で、自分と言う個人がどういう価値を見られるかと言う、勝負になります。

そして、面接の際にその自分への評価を正確に謙遜に説明できれば、次の採用も決まるでしょう。

中途採用を募集している会社は、即戦力と適応力を求めています。

あなたの技術をどう次社の利益につなげられるか、そして、あなたの技術を使って次社のお客様を喜ばせられるか。
という点にかかっています。

次の会社のフィールドに適合するスキルが今あなたにあるかということを判断したうえで、準備段階を踏み、転職に踏み切るというプロセスが順当でしょう。

関連記事

職業訓練生必見!パソコン初心者向け初級コースからの再就職3つのコツ

キャリアの棚卸をして転職を成功させた30代が実践した5つのこと

33歳が転活を決断する時期やタイミングはいつがベストか?

つぶしがきく職業は選択肢が多い!最強のスキルである3つの理由

今の時代の中小企業への転職は安定性があるのか検証した結果

職業の適正を知ると仕事選びに有利!自分で診断できる3つのポイント